ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

RPG レビュー記事

[レビュー&評価]【ファイナルファンタジーⅡ】ドラマ性が強いシナリオと独特の育成方法が魅力の作品

2007年06月07日にスクエア・エニックスより発売されたRPG

前作のファイナルファンタジーから、かなりの新要素が追加された意欲作です

PSP版ではクリア後ダンジョンなども追加されボリュームもアップしています

今回は【ファイナルファンタジーⅡ

レビュー&評価記事です。よろしければ最後までお付き合いください。

評価点

◆特殊な育成システム
◆ドラマ仕立てのシナリオ
◆音楽がとても良い

不満点

◆自由故に迷いやすい
◆たまにシナリオに置いていかれる
◆地図がわかりにくい

総合評価:A
↓私の感想はこちら↓

ファイナルファンタジーⅡの戦闘シーン
[私的感想]【ファイナルファンタジーⅡ】とにもかくにも音楽が素晴らしい。

個人的評価:A この記事では、私の考えや思い出を主に語っていきます。 ネタバレも含むことが多いのでこれからプレイをしようと思っている人はご注意ください。 この記事の評価基準は個人の好みでつけているので ...

続きを見る

ストーリー

あらすじ

ファイナルファンタジーⅡの戦闘シーン出典:ファイナルファンタジーⅡ|ソフトウェアカタログ

長く続いていた平和が今、終わりを告げた

パラメキアの皇帝が魔界から魔物を呼び出し
世界征服に乗り出したのである

これに対し反乱軍は
フィン王国において立ち上がったが

帝国の総攻撃にあい
城を奪われ
辺境の町アルテアへと撤退を余儀なくされた
ここフィン王国に住む4人の若者たちも
敵の攻撃によって両親を失い
執拗な敵の攻撃から逃げ続けていた

しかし、森の中で追いつかれ
強大な帝国兵の攻撃に成すすべなくやられてしまった

そこを偶然に通りかかったヒルダ王女に助けてもらい
若者たちは反乱軍として戦うことを決意する…

ゲームシステム

進め方はオーソドックスなRPGだが今作独自のシステムも多数存在する

熟練度・パラメータ

ファイナルファンタジーⅡの戦闘シーン出典:ファイナルファンタジーⅡ|ソフトウェアカタログ

今作は熟練度というパラメータや
戦闘中の行動によって
ステータスが変化する

例えば
攻撃を受け、HPが減少すれば戦闘終了後にHPが上昇することがあり
魔法を使い、MPが減少すれば戦闘終了後にMPが上昇することがある

武器は使用するほど熟練度が上昇し強くなっていく
魔法も熟練度があり、上昇するごとに威力と消費MPが増加する
また、魔法はエフェクトも変化していく

ワードメモリーシステム

会話の中から特定の単語を覚えることが出来るシステムで、覚えた単語は他の人に尋ねるのに使用することができる

王女から覚えた単語を他の町にいる人に尋ねることで、新たな情報を獲得することができ、シナリオを進めることが可能
また、単語の他にもアイテムを見せることも可能で単語を尋ねるのと同様にシナリオを進行させることができる

評価点・不満点の解説

評価点

◆特殊な育成システム

ファイナルファンタジーⅡの戦闘シーン出典:ファイナルファンタジーⅡ|ソフトウェアカタログ

上記した熟練度や攻撃を喰らうことで上昇する体力など独特システムを採用しています

従来のRPGなどとは違いますが、段々と自分なりのパーティーが育っていく感触が楽しかったです

◆ドラマ仕立てのシナリオ

ファイナルファンタジーⅡの戦闘シーン出典:ファイナルファンタジーⅡ|ソフトウェアカタログ

出会いや別れが多く描かれたシナリオは感動的で、ゲームのボリュームも相まってずっと新鮮な気持ちでプレイすることができました

◆音楽がとても良い

フリオニールたちは反乱軍という立ち位置
しかも戦力差があり、とても絶望的な状況にあります

悲壮感が漂うゲームの雰囲気を上手に表現した音楽は高い評価を得ています

不満点

◆自由故に迷いやすい

ファイナルファンタジーⅡの戦闘シーン出典:ファイナルファンタジーⅡ|ソフトウェアカタログ

今作は大陸の殆どが地続きなので序盤から強いモンスターが登場する場所にも行けたりします

それ故に、目的を一度見失ったり目的地の位置が不明だと非常に迷いやすい

村の人に話を聞いても「〇〇村よりもっと南だよ〜」みたいな漠然とした情報しか得ることができず、わかりにくかったです

◆たまにシナリオに置いていかれる

シナリオはドラマ性が高いのですが、自由なシステムとの兼ね合いを取るためかぶつ切り感も多少あり置いていかれることがしばしばありました

例えば、後半で敵の幹部が実は〇〇だった的な展開があるのですが
王女からいきなり
「しかし、敵の幹部は〇〇…戦えますか?」
とか言われ

フリオニール
「はい…」
みたいな
え?そうだったのってなる時があったのでちょっと残念なポイントです

◆地図がわかりにくい

説明書には記載してあるのですが地図を開くには
SELECT+☓ボタンなのですが

ゲーム内では一切の説明がない上に、そもそも地図があるってことを知る機会がないです

上記しましたが今作は非常に迷いやすいので地図が有ると無いとでは快適度がかなり違います

あるアイテムを獲得した時に地図が見れるようになるので、その時に多少のアナウンスくらいはしてほしかったです

ファイナルファンタジーⅡは移植している?

PSやWiiなど多数のプラットフォームで発売されていますが

PSP版が一番新しいモデルのようです
iOS版やAndroid版などはPSPの移植なので最新の機種ではそれが一番手に取りやすいと思います

ちなみにSwitchなどでは配信されていませんでした

まとめ

ファイナルファンタジーⅡのタイトル出典:ファイナルファンタジーⅡ|ソフトウェアカタログ

ドラマ性を感じるシナリオがとても魅力
独特な育成方法により好きなようにパーティーを組むことが出来るのも魅力が強く、PSP版では新しく追加されたダンジョンもあるので育成したキャラをクリア後も活躍させることができます

自由度故の欠点も感じましたが、迷ったらネットで調べれば地図や攻略が載っているので無理せず見るのも全然良いと思います

PSP版は移植した先が少ないのでやりたい人はPSPを購入しましょう(圧)

ジャンル:RPG
発売日:2007.06.07
対象年齢:A(全年齢対象)
発売元:スクエア・エニックス
開発元:スクエア・エニックス
値段(定価):3,800円

-RPG, レビュー記事

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5