ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

その他 ゲーム感想&雑談

[感想や雑談]【ピポサルアカデミ〜ア】個人的には推したいが推しにくい…!

個人的評価:A

こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。
「評判は良いけど個人的に合わなかったな」
「評価低いけど意外と楽しめたぞ?」
って感じで世間の評価と個人の感想は違うものです。

なのでこの記事は
「あ〜この人はそう感じたのね〜」
「こういう捉え方もできるのね〜」
程度に軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

また、感想以外にも私の思い出や勝手に思っていることなども話していくので興味のない方はつまらなく感じると思います。
重ねて、ご了承くださいまし。

あ、あとこちらの基準はゆるゆるですので評価が高かったらこういうのが好きなんだな(白目)って感じに受け取ってくださいお。

あと。
語る上で必要だなと思ったらがんがんネタバレするのでご注意をば。

↓紹介&レビュー記事はこちら↓

ピポサルアカデミ〜アのタイトル
[レビュー!]【ピポサルアカデミ〜ア】不便な点が目立つが無難な出来のミニゲーム集

2004年12月30日にソニーから発売されたミニゲーム集 サルゲッチュらしいノリが詰まったシリーズファンには嬉しい作品です 今回は【ピポサルアカデミ〜ア】 紹介&レビュー記事です。よろしければ最後まで ...

続きを見る

それではだらだらとお付き合いくださいまし〜。

携帯機サルゲッチュはミニゲーム方面へと舵を切った?

ピポサルアカデミ〜アのミニゲーム出典:ピポサルアカデミ〜ア|ソフトウェアカタログ

ピポサルアカデミ〜アから携帯機におけるサルゲッチュシリーズは始まりました。ピポサルアカデミ〜ア発売後もPSPとPS2で続編がいくつか発売されましたがPSPで発売された作品はほとんどがミニゲーム中心の作品です。(サルゲッチュP!は初代サルゲッチュを移植した作品)

まあ、「ピポサルアカデミ〜ア」を除いたら続編の「ピポサルアカデミ〜ア2」レースゲームの「ピポサルレーサー」RPG?の「ピポサル戦記」わりと正統派アクション?の「サルサル大作戦」なので数は多くないんですけど。サルサル大作戦はどうなんですかね?実はまだ未プレイなのでなんとも言えないんですが、チラッと動画を見た感じだと割と正統派なアクションなのかな〜といった印象でした。

特に「ピポサル戦記」では「ピポサルアカデミ〜ア」のミニゲームを受け継いでる感がありました。壁ジャンプで上に登るやつはすぐに気づきましたよ_(:3」 z)_ムズカシイノデ
ノウハウを活かしつつ携帯機では新しいジャンルを築こうとしているのが伝わりました。
結果は良くない方に行ってしまい、サルゲッチュの歴史は幕をおろしていますが、正統派作品の中に盛り込むミニゲームのノウハウはまだまだ生きているでしょうし。続編待っています。

無難すぎて特筆できるところがない

ピポサルアカデミ〜アのミニゲーム出典:ピポサルアカデミ〜ア|ソフトウェアカタログ

私はサルゲッチュシリーズが好きなのでめちゃくちゃに楽しめる作品でしたが、ミニゲーム集としてみたらかなりパンチが弱い作品でしたね。キャラクター性とかおバカなノリはきっとみんなに愛されるものだと思うのですが、本当にそれ限り。「バイトヘル2000」のような個性はないですし「みんなのスッキリ」のようなコンセプトがはっきりした作品でもないです。

平たく言えば非常に飽きます。長く遊ぶには内容に変化がないですし、ミニゲーム特化なのでゲーム内で緩急つける方法がありません。ミニゲーム集なので一度に長く遊ぶよりも、短く何回にも分ける想定なのでしょうがもう少し工夫が欲しかったところ。まあ、PSP発売初期の作品としてみたらわりと上々なできなのかもしれませんが。

どんな狙いでPSPに移植しどんな世代がターゲット層なのかはわかりませんが発売初期でソフトが出揃っていなかったから売れた感があり、後期に発売しても売れなかったんじゃないかな〜という印象です。これは決してつまらないからではなく購入の動機が発生しにくしからという理由。こればっかりは私にはわかりませんがもう少しなにか、例えば「ミニゲーム100種類以上!」とかの謳い文句があればもう少し伸びたのかな〜と思いました。

最後に

ピポサルアカデミ〜アの準備体操出典:ピポサルアカデミ〜ア|ソフトウェアカタログ

個人的には大好きなサルゲッチュシリーズの作品で「ウッキーファイブ」の出演ということもありサルゲッチュ好きにはガンガン推して行ける作品なのですが、逆にサルゲッチュなんかよく知らないよ〜って人には非常に押し難い作品でした。

それくらいサルゲッチュらしい作品とも言えるのですが、発売初期の作品ということもありもっと広めのターゲット層でもよかったのかな〜なんて思ってしまいました。

ただ、ミニゲームに振り切ったと考えるなら初動で勝負しサルゲッチュらしさを売ったのは間違いじゃないんだろうな…なんて考えたり。私はそういったマーケティング的なことはさっぱりなので想像しかできませんが今作は意外と勝負に出たのかもしれませんね。

PS5でもPS6でも続編待っています。

-その他, ゲーム感想&雑談

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5