ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

雑記・その他

[レビュー!]【プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログ】永久保存版PSPの教科書!特にソフト一覧が便利です!

2021年3月19日に発売された「プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログ」

ハードの基本的な性能から、周辺機器の紹介なども写真付きで詳しく載っています。

ソフト一覧が非常に見やすくてPSP好きならぜひ押さえておきたい一冊です!!

今回は「プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログ」のレビュー記事です!ごゆるりと〜!

サイズと重量

プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログ

PSPとの比較画像

本の大きさはB5サイズ。重さは約570g。
大きいしそこそこ重いんで持ち運びはしたくないですね。
まあそもそも持ち運ぶようなものでもないですが。

表紙はPSPがでっかく映っていて嬉しいです。

サイズが大きいので手が小さい人は少し読みづらいかもしれません。

はじめは軽い紹介から

まえがきを読み終え、目次のページをめくると
PSPがなぜ生まれどんな歴史を歩んだか紹介。

◆世界で一番美しい携帯型ゲーム機を作る
◆ニンテンドーDSとの戦い
◆スマートフォンの台頭によるメディアプレイヤーの終焉

の3つに見出しを絞っています。
見開きでまとめられた軽い内容ですが、PSPの歴史の大筋を知るのにとてもためになりました。

PSPはゲーム機としてだけでなく、音楽や映画を楽しめるメディアプレイヤーとしての一面も強み。当時の携帯ゲーム機界では考えられないような綺麗な映像と高性能のハードとして話題を呼びました。

PSPのライバルとも言えるのが「ニンテンドーDS」
戦いと見出しにありますがそもそものターゲット層が違ったので、そこまで苛烈なものにはなりませんでした。
しかし、お互いに発売時期が年末だったこともありライバル関係になりました。

みなさまも使用しているであろう「スマートフォン」
電話機としてだけでなく、音楽や動画を手軽に楽しめるデバイスとして普及しました。
スマートフォンの方が汎用性もあり、広く普及したことでPSPのメディアプレイヤーとしての地位が終わります。

簡潔に内容をまとめましたが、実際はもっと掘り下げて書いてあるので購入された人は読んで見てくださいね〜!

次はハードの解説

プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログのカラーバリエーションの紹介ページ

1000 2000 3000 PSPgo の4項目に分けて解説しています。

解説とともに豊富な写真を使用しているので、なんとなく眺めているだけでも楽しいページです。もちろん性能などもしっかりと解説されています。

1000や2000のシリーズごとにカラーバリエーションの紹介などもしておりこれからPSPを買おうかな〜と悩んでいる人用のカタログとしても使えます。

プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログの内部基盤のページ

内部の基盤などの解説もしていますが、ちょっと専門的すぎて私には理解が出来ませんでした_(:3」 z)_

 

私もPSPの解説をした記事がありますのでコチラにリンクを載せておきます。
この記事を書くにあたってこのカタログを参照にさせていただきました
PSPを購入しようかな〜?と悩んでいる人向けの内容になっていますので
ご興味のある方はぜひ下のリンクから読んでみてくださいね。

PSP買うならどれが良い?
PSP 1000 2000 3000 の違い、中古で買うのはどれが良い?

「PSPの数字による違いってなんなの…?」 PSPをこれから買おうとしている人が悩むであろうこの問題。 ぶっちゃけ 「ソフトはどれでも出来るからどれでも大丈夫」 なんですが、違いを知った上で購入したい ...

続きを見る

締めはソフトの一覧

プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログのソフト一覧

プレイステーションポータブルパーフェクトカタログは全224ページあるのですが、44〜206ページが全てソフトの紹介になっています。ソフトは発売日順に掲載されています。
206〜は配信されたアーカイブソフトの一覧や索引のページです。
アーカイブソフトの一覧は文字のみですが、既に配信が終了したソフトも多く、まとめにくい情報なのでとても助かります。

索引は50音順に並べてあるので、簡単に目的のソフトを見つけることができます!

簡単な解説と、画像を使用していてとても見やすくまとめていました!

コレクターの相棒になるかも?

普通のカタログとして読むだけでも十分に楽しいですが、ソフトの紹介の欄を利用すればソフトの収集時にも役立ちます。

よくTwitterで見かけるのが
このソフト持ってるのにまた買っちゃてた−!
安かったから買ったけどダウンロード版買ってたわ…
みたいな”ダブリ問題”
収集には結構お金がかかるので、避けられる出費は避けたいですよね。

そんな時にはこのカタログを使って一度持っているソフトと持っていないソフトの情報を整理をしてみましょう!

例えば、ソフト一覧のところに付箋を貼ったり、索引のところにチェックをつけてみたり。
お手軽に自分だけのパーフェクトカタログになりますよ!

プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログの付箋を貼っているところ

Wikipediaなどでも一覧表がありますので
スクショして画像加工でチェック入れたり
手書きで紙に写したり
色々な方法で収集したソフトの管理をしている人がいると思います。

ネットの情報を駆使するのは無料で出来るので一つの手ですが、やろうと思うと中々手間なので手軽に出来るカタログを購入することをおすすめします〜!

著者の前田尋之さんは他のカタログも出している

前田尋之(まえだ ひろゆき)さんは今回ご紹介した「プレイステーション・ポータブルパーフェクトカタログ」のほかにも「ゲームキューブ パーフェクトカタログ」や「プレイステーション パーフェクトカタログ」なども出版しています。

元コナミの社員だそうで、ゲームとは深い関わりのある方ですね。
いわゆるレトロゲームが好きなのかな?
他のカタログもレトロゲームと呼ばれているハードがメイン。
とっても読みやすいのでPS2とかPS3のカタログも出たら嬉しいです。

さいごに

PSPのファンなら買うべき1冊「プレイステーション・ポータブル パーフェクトカタログ」
ソフトの一覧が何より便利。
アルバムのような感覚で読んでも楽しいですし収集時に役立つアイテムにもなる。

レトロゲームが好きな人は他のカタログも絶対に気にいると思います。

永久保存版のPSPの教科書。ぜひ購入してくださいね〜!

 

-雑記・その他

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5