ぶーちゃ

東京生まれ東京育ち、近所の公園に来ていたおでん屋さんのおでんで育つ。小学4年の頃に母がPSPを家に持ってきたのがPSPとの馴れ初め(照) 初めて触れたソフトは『モンスターハンターポータブル2nd』 好きなジャンルはローグライク。 苦手なジャンルは3Dアクション。 アイコンはお家のカメ様。 よろしこ。

アクション ゲーム感想&雑談 パズル

[感想や雑談]【100万トンのバラバラ】雰囲気最高の隠れた名作。

個人的評価:A

こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。
『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』
『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の評価と個人の感想は違うものです。

なので『あ〜この人はそう感じたのね〜』『こういう捉え方もできるのね〜』程度に軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

また、感想以外にも私の思い出や勝手に思っていることなども話していくので興味のない方はつまらなく感じると思います。
重ねて、ご了承くださいまし。

あ、あとこちらの基準はゆるゆるですので評価が高かったらこういうのが好きなんだな(白目)って感じに受け取ってくださいお。

↓紹介&レビュー記事はこちら↓

100万トンのバラバラのゲーム画面
[レビュー!]【100万トンのバラバラ】爽快切断アクション! 雰囲気をもっと活かしてほしかった。

2010年2月18日発売にソニーから発売されたパズルアクションゲーム。 異国を感じる不思議なデザインと斬新なゲームシステムが魅力の作品。 今回は『100万トンのバラバラ』 紹介&レビュー記事です。よろ ...

続きを見る

それではだらだらとお付き合いくださいまし〜。

世界観をもっと推してほしかった

100万トンのバラバラのアスリたちとの会話シーン

出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

個人的に大好きな世界観なので、もっと設定やシナリオにメスを入れてほしかった。
特に戦艦については謎が多く、かなり興味をそそる存在。

なぜ戦艦は存在するのか…とか
戦艦の構造はどうなっている…とか

謎が多すぎて少し気持ちが悪いです。嫌いじゃないですが。

それとレビューにも書きましたがもっと登場人物とかにもスポットを当てて、掘り下げてほしかったですぅぅぅぅぅ。

説明書がちょーかわいい

100万トンのバラバラの説明書

説明書の表紙。中も同じタッチのデザインが多く描かれている。

こんなに可愛い説明書って他にあるんですか???
絵本チックというよりもはや絵本ですよ。

書いてあるのはストーリーのあらすじ部分。主人公のティトリがどうやってこの町にやってきたか〜てきなことが書かれています。

レビューの方に書いたあらすじは説明書からの引用なのでぜひ見てみてください。

体験版の配布ができる!

100万トンのバラバラのタイトル出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

今更感はあるんですが、100万トンのバラバラのタイトル画面でL+Rを長押しするとメモリースティック内に100万トンのバラバラ体験版を配布することができます。
PSPにはゲームシェアリングって機能があって、本体が人数分あればソフト一つで遊べたりするんですが、電源を切るとシェアが終わってしまうデメリットがあったんですね。

このやり方ならいつでも遊べていいやり方ですよね。
私はたしか当時では購入しなかったんですがPS storeから体験版をダウンロードした気がします。
当時はそんなにはまらなかったかな?その時は確か勇者のくせになまいきだをやっていたと思いますね。

勇者のくせになまいきだが遊べる!

100万トンのバラバラの勇者のくせになまいきだの体験版

タイトル画面で隠しコマンド「LRを今後に連打」を入力すると勇者のくせになまいきだの体験版が遊べます。

体験版なんですが、ティトリと魔王様の絡みはここでしか見れないのでどっちもすきだよ〜!って人はぜひやってみてください。

ちなみに〜
「ゆうなま」と「100バラ」の開発はアクワイヤ、更にはゲームミュージックもノイジークロークという会社が担当しています。
開発と音楽が同じなのでなんとなく同じ雰囲気が漂っているんですよね〜。

内容は全然違うんですがねぇ、やっぱり音楽とかゲームの印象とかにも癖とかってあるんでしょうね。

隠れた名作って感じの雰囲気がプンプンする

100万トンのバラバラのゲーム画面出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

どんなゲーム機にも隠れた名作ってありますよね。
普通の名作とかとは違ってそこまで売上が高くなかったりすることが多い気がします。

パッケージとかみて「普通に面白そう」って思うのが多くの作品の印象なんですが、隠れた名作ってパッケージとかの印象が全く異なるんですよね。

「ゆうなま」しかり「パタポン」しかり、もちろん「100バラ」もそんな雰囲気がプンプンする作品です。

なんですかね?でもパッケージの雰囲気を作るのはデザインが大きいと思うので、キャラクターに魅力がある作品が隠れた名作のポジションを獲得するのでしょうか。後は好み。ミモフタモナイ。

星5が取れない_(:3」 z)_

100万トンのバラバラのゲーム画面出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

ステージクリア時には5段階でスコアが表示される。スコアはクリア時のタイムや救出した仲間の数で決まるのですが何度やっても星4止まりなんですよね。

なんかが足りないのか悪いのか…同じステージを何度もやっているんですが一向に星5が取れませんでした。

ギャラリーがたのしい

100万トンのバラバラの会話シーン出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

ポイントを貯めてランクが上がると「ギャラリー」が解放されます。

ラフ絵やここでしか見れないキャラたちの一面が見れます。チョコレートで作ったアスリやティトリの写真などちょっと変わったものも閲覧できます。

世界観の解説などはないので深く入り込める内容ではないのですが、独特のセンスにおもいっきり触れられるので見ているだけでとても充実した気分になれます。

ボリュームに関しては正直十分な感じもする

100万トンのバラバラの仲間が囚われているところ出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

レビューではボリュームの水増し感について書きましたが、意外と難易度が高いので1ステージの攻略に時間がかかったりしてプレイ時間も伸びましたし、何より満足できました。

かくいう私は全部はクリアしていないんですけどね。
チャレンジモードの30あたりから難しくて…_(:3」 z)_ココロガオレタ

難易度のパターンでボリュームを出している感は確かにありますが、普通に見ても少なくはないんじゃないかな〜て思いました。

最後に

100万トンのバラバラの決めゼリフ出典:100万トンのバラバラ|ソフトウェアカタログ

個人的に大好きな雰囲気。パタポンと同様キャラの魅力を引き出すような構成の作品でした。

ただ、もう少し広げてほしかったのは否めない。2待ってます。
後は設定資料集とかあったら最高ですね。一応サントラは発売されているようでサントラのパッケージデザインも異国な雰囲気が醸し出されていて素敵です。

こういったパズルの要素があるゲームは順次ステージを追加することで長く遊べると思います。ネットの環境が整っている人が多い昨今ならそんな売り方も全然ありだと思いますので、ぜひぜひSwitchでもPS5でも発売しちゃってください。待っています。

-アクション, ゲーム感想&雑談, パズル

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5