ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

ゲーム感想&雑談 パズル

[感想や雑談]【ぷよぷよフィーバー】2連鎖でも楽しくなれる!そんな仕掛けがありました。

個人的評価:A

こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。
『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』
『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の評価と個人の感想は違うものです。

なので『あ〜この人はそう感じたのね〜』『こういう捉え方もできるのね〜』程度に軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

また、感想以外にも私の思い出や勝手に思っていることなども話していくので興味のない方はつまらなく感じると思います。
重ねて、ご了承くださいまし。

あ、あとこちらの基準はゆるゆるですので評価が高かったらこういうのが好きなんだな(白目)って感じに受け取ってくださいお。

↓紹介&レビュー記事はこちら↓

それではだらだらとお付き合いくださいまし〜。

下手くそって楽しい!!!!!

ぷよぷよフィーバーの対戦画面出典:ぷよぷよフィーバー|ソフトウェアカタログ

根本的にパズルとかは苦手なんですがぷよぷよは本当にむずかしい。

一応ぷよぷよのコツが書いてあるサイトとか見てやってみたんですけどね、思う通りにはいかないものですねぇ。
ぷよぷよの醍醐味といえばやっぱり連鎖じゃないですか、基本的な技術も連鎖だと思いますし。
でもねぇ、難しいですね。You Tubeとかに上がっている動画とかを参考にしても全然うまくいかないんですよね……

でも楽しい!!てかむしろ失敗が多いからこそ成功した時、連鎖が決まった時は声上げるくらいテンアゲです!

普通難易度のストーリーモード攻略できないぐらい下手くそですけど楽しめています_(:3」 z)_

キャラクター可愛い

ぷよぷよフィーバーのキャラクター選択画面

出典:ぷよぷよフィーバー|ソフトウェアカタログ

今作からキャラクターデザイン…というより世界観とかがリニューアルしています。
絵のテイストが結構変わったので従来のファンからは反発ががあったようですね。私は今作からやり始めた人なので違和感とかはないですが。

まあ、この反発は「絵が可愛くない」っていうものではなく「絵が変わった」事に関する反発ですからね。
見てもらえればわかるのですが、今作のキャラクターデザインはどれもかわいく、万人に受け入れられるデザインだと思います。

なんとなく「ポップンミュージックっぽいな〜」って感じていたんですがネットでも同様の意見を見つけて「やっぱり?」ってなんか嬉しくなりました。(小並感)

それとボイスもついているんですがね、ボイスもかわいいです。主人公のアミティちゃんの声優さんは菊池志穂さんという方らしいです。

クラシックモードがおすすめ

ぷよぷよフィーバーのクラシックモード

色々なモードで遊べるのが今作の魅力のひとつなんですが、その中でもおすすめは「クラシックモード」です。

クラシックモードは対戦相手の居ない、ひたすらにぷよぷよするモードなんです。
練習にもうってつけですし、とにかく黙々と出来るのが最高。

対戦相手がいるとお邪魔ぷよが降ってきて結構辛いので最初はクラシックモードで練習なりをすると楽しさがわかると思います。

2連鎖でも楽しい!!

ぷよぷよフィーバーの対戦画面

出典:ぷよぷよフィーバー|ソフトウェアカタログ

ぷよぷよといえばやっぱり大連鎖。
下手くそなりに連鎖を組んで決まったときの爽快感はかなりのもの、それは考えが上手くいった!以外にもゲーム内の仕掛けが作用しています。

連鎖ごとにキャラクターのボイスが入って聞いても爽快感を味わえるのと、連鎖が増えるごとに消えるときの音が高くなっていって直感で「すごいことになってるぅ〜」ってわかると思います。この仕掛はパズドラとかでもそうなのかな?
まあ、ぷよぷよ自体がやり始めたことかどうかはわからないのでなんとも言えないですが上手な仕掛けだなと思いました。

最後に

ぷよぷよフィーバーのタイトル画面

操作もルールもシンプルでとっても簡単そうなのにとっても難しい。
シンプルだからこそ奥深い。
シンプルだからこそどんな人にも受け入れられる。

だからこそハマる人が多いのでしょうか。
1992年の終わり頃からアーケードゲームで流行っていたそうですよ〜。

制作会社の入れ替わりによる世界観やイラストの変更は従来のファンからは反感を買ったが、イラスト自体はとても可愛いです。

ぷよぷよは色々な機種で色々な作品が出ています、ぷよぷよの魅力っていうのはどの作品でも変わらないと思いますのでどれでプレイしても良いかもしれません。

今作は、世界観の変わった第一作として新たなスタートを切った作品。

PSPを持っているならぜひ買ってみてくださいね〜!

-ゲーム感想&雑談, パズル

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5