ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

アクション シューティング レビュー記事

[レビュー!]【The 3rd Birthday】荒廃的な雰囲気と爽快な戦闘が魅力の作品。

2010年12月22日にスクエア・エニックスから発売されたアクションシューティングRPG

PSで発売された「パラサイト・イヴ2」の続編として発売された。
パラサイト・イヴ2が発売されてから約11年ぶりの続編なのでファンの期待は高かったよう。

実際は以前までの設定などが一新された新しい作品だったので違和感を隠せないファンも多かったようですが、シリーズとして見るのではなく一つの作品として見れば完成度はかなり高い評価を得ています。

今回は『The 3rd Birthday

紹介&レビュー記事です。よろしければ最後までお付き合いください。

評価点

◆高画質なムービー
◆一筋縄ではいかない戦闘
◆全体的にデザインがかっこいい
◆健在のシャワーシーン
◆服が破ける

不満点

◆1周が短い
◆シナリオが難解
◆従来のパラサイト・イブとはだいぶ違う

総合評価:A
↓私の感想はこちら↓

The 3rd Birthdayのアヤさん
【感想や雑談】『The 3rd Birthday』バトルとパンツに集中できれば今作は十分に堪能できる。

個人的評価:S こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。 『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』 『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の ...

続きを見る

ストーリー

あらすじ

The 3rd Birthdayのタイトル

2012年12月24日−−
真っ白い雪と聖夜の雰囲気に染まったNYはいつもと変わらない平穏な時間が流れていた。
時刻は17:03。人の往来も多い時間帯に悲劇は突如として幕を開ける。

街中を地震が襲った直後、地面を裂くように巨大な触手がいくつも出現した。
触手はビルを容易く倒壊させ、地下鉄をおもちゃのように扱った。

そして一瞬のうちに街並みを破壊し、触手の塔《バベル》を作り上げる。

それから1年後の2013年12月24日。CTIでは《OD》という特殊な能力をもつ人物を過去に送る装置を完成。アヤ・ブレア捜査官はその装置の唯一の適応者だった。
過去の出来事を変えることによって現在に影響を与え、ツイステッドがはびこる世界を救うための戦いが始まった。

主な登場人物

アヤ・ブレア

The 3rd Birthdayのアヤさん

かわいい。

出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

「パラサイト・イヴ」「パラサイト・イヴ2」の主人公。もちろん今作でも主人公。
記憶を失っており、前作までとは違い少し頼りない感じになった。
特殊能力《OD》の使用者で、唯一過去と現在を行き来できる人物

カイル・マディガン

The 3rd Birthdayのカイルとの会話シーン

手前の男の人が「カイル・マディガン」イヴが銃を構えているが…。敵?味方?

出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

たびたび、アヤの前に姿を現す男。前作「パラサイト・イヴ2」にも登場した。
アヤのことを知っているようだが、アヤは記憶にない様子。

意味深な発言をするので敵か味方かわかりにくい。

ハイド・ボーア

CTIの上司で記憶の失ったアヤを保護してくれた親のような人物。
冷静な人間で冷たい印象を持つが仲間思いで根は優しい。

舞台

舞台はアメリカNY。自由の女神があることで有名で日本でも旅行先として人気。
しかし、NYはツイステッドの襲撃で街並みは崩壊している。
モダンな街並みは見る影もなく、絶望で色を塗ったような印象を受けた。

その他

ツイステッド

《捻じれ》が由来のクリーチャー。
どれも捻じれた体をしており、パット見で構造を理解するのは結構難しい。
一言にツイステッドと言ったがこれは総称。ツイステッドの中にもいろいろな種類がいる。

ゲームシステム

The 3rd Birthdayのヘリックス戦

一番最初に戦うことになる「ヘリックス」巨大な体を持ち、体力も多い。

出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

敵を殲滅しながら進んでいくアクションシューティングRPG。

アサルトライフルやハンドガンいった装備は自動で敵をロックオンしてくれるので敵に標準を合わせる必要がなく、アクションが苦手な方にも優しい。
スナイパーライフルやグレネードランチャーといった装備は自分で照準を動かし、狙いをつけなければならないため少し難易度が上がりますが、射撃場でいくらでも練習できるので安心です。

道中に置かれているバリケードやOD(オーバーダイブ)といった能力を駆使し、過酷な戦場を生き抜く。

武器のカスタマイズやアヤ自身の強化をすることも可能で、自分のプレイスアタイルに合わせて能力を変化させることが出来る。

ゲームの最初に丁寧なチュートリアルがあり、移動の方法から特殊能力まで余すことなく解説してくれます。

OD(オーバーダイブ)

アヤが扱える特殊能力。
他者の意識に潜り、一時的に体を乗っ取ること。
ODはシナリオの中でも関わってくる要素ですが戦闘面にも深く関わってきます。
敵に対して使用することもでき、成功した場合は強力な攻撃になる。

クロスファイア

付近にいる味方と一斉に敵を攻撃する技。
敵に対してODで攻撃する際には敵を怯ませなければならないのですが、クロスファイアは怯みを非常に誘発させやすく、また総攻撃なので威力も高い。
一定時間標準を合わせ続けなければならないため隙きが生まれるがハマればかなり強力。

リバレーション

アヤの能力の制御を解除する荒業。
敵の攻撃は完璧に回避することができ、こちらの攻撃は強力なものになる。
ゲージが溜まらないと使えず、しかも非常に短時間しか効果がないので使い所が難しくなっている。

コスチューム

入手条件は様々ですがコスチュームが色々と用意されています。
一応防御力にも影響があり、見た目だけではない要素。
どのコスチュームもセクシーでとても良いです。

評価点・不満点の解説

評価点

◆高画質なムービー

The 3rd Birthdayの映像のスクリーンショット出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

今作に挿入されているムービーシーンはどれも高画質で作り込みがすごい。
今のゲーム機と比べると見劣りはしてしまいますが、それでも負けず劣らずの綺麗な映像です。

◆一筋縄ではいかない戦闘

The 3rd Birthdayの戦闘シーン出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

限られた弾薬と強靭なモンスター。
適当にバンバン撃っていると弾切れになることもあります。
スナイパースコープを覗くと敵の弱点が見えるので狙撃したり、敵にODしてダメージを与えたり、味方とクロスファイアしたり。
色々とやり方が存在しますが積極的に狙うとプレイヤー側に隙が生まれたりするのでゴリ押しだと結構負けます。

ODやグレネードなどを駆使して強力な敵に勝った時は爽快です。

◆全体的にデザインがかっこいい

出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

主人公のアヤを初めとした登場人物たちの洗練されたかっこよさはもちろんのこと、敵のデザインも銃のデザインもかっこいいです。

スタイリッシュなかっこよさが目立ちますが荒廃的な街並みや物語の後半で拠点として活動する家の錆びれた感じもかっこいい。

◆健在のシャワーシーン

パラサイト・イヴ2で挿入されているシャワーシーン。
もちろんお色気要素としても機能していますが、綺麗な映像として評判を浴びました。

それから11年の歳月を経て発売された今作『The 3rd Birthday』でもシャワーシーンが挿入されています。
PSPの高画質で表現されるシャワーシーンは最高にエロくて最高に魅力的です。
表示させるには条件がありますが簡単なので狙ってみてください。

◆服が破ける

はい、今作の売りでもありますね。
ダウンした回数によってアヤの服が破けます。
全3段階で破れが用意されており、最後の布は鉄か何かで出来ているのか絶対に破けません。クソ。

ただ、破れたところから覗く肌は傷だらけであり、痛々しいです。怪我させないように気をつけましょう。ハイ。

不満点

◆1周が短い

これは仕様だそうですが、一周が結構短いです。
周回前提なので、あえて短く作っているのでしょうが最初にクリアした時はあれ?ってなりました。
引き継ぎはできるので周回自体は楽です。

◆シナリオが難解

The 3rd Birthdayの局長との会話出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

今作は過去に行って現在や未来を変える設定が話の中心にあります。
なので時間軸が結構めちゃくちゃでやりながら話を追うのは難しいです。

◆従来のパラサイト・イブとはだいぶ違う

登場人物などは続投している人も居り、世界観的には2から数年後の世界観なのでしょうが従来までの作品の根底にあった『ミトコンドリア』は全く関わってきません。

操作方法などは11年の期間が空いたので変更するのはしょうが無いですが世界観がだいぶ変わっていることに違和感を隠せないファンも多くいたようです。

まとめ

The 3rd Birthdayのヘリ操作画面

ヘリの操縦者にODして敵を倒すシューティング要素が強いステージもある。

出典:The 3rd Birthday|ソフトウェアカタログ

シナリオは難解で置いてけぼりになることがあります。急な展開が挟まることもあり作品への没入感を阻害したとの意見がちらほら。

戦闘のシステムや音楽は好調で難易度の高さも理不尽なほどではなく、いい塩梅に収まっていると感じます。

グラフィックもキレイで服が破ける演出はセクシーなだけではなく、緊張感や戦場の過酷さを表現しています。

作品自体はとてもコンパクトで周回プレイにも耐えうる作りになっており武器のカスタマイズやコスチューム収集などモチベーションも多数用意されていました。

シナリオの出来自体はすごく良い(と思う)のですが、シナリオの大きさと作品のボリュームが見合っていない印象でした。

ジャンル:アクションシューティングRPG
発売日:2010年12月22日
対象年齢:D(17才以上対象)
発売元:スクエア・エニックス
開発元:スクエア・エニックス
開発協力:ヘキサドライブ
値段(定価):5800円

-アクション, シューティング, レビュー記事

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5