ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

レビュー記事 レース

【レビュー!】『ピポサルレーサー』従来のシリーズのノリはそのままにクールなかっこよさも兼ね備えたレースゲーム!おバカな外見とは裏腹に白熱できる熱いレースは面白い!

ピポサルレーサーのタイトル

出典:ピポサルレーサー|ソフトウェアカタログ

2006年12月7日に発売されたレースゲーム

パッケージデザインからサルゲッチュらしいおバカなノリが感じられるが、中身はしっかりとしたレースゲーム。数あるサルゲッチュ外伝作品の中でも完成度の高さが感じられる作品です。

今回は『ピポサルレーサー

紹介&レビュー記事です。よろしければ最後までお付き合いください。

評価点

◆変形のシステムで単純&奥深なレース
◆アイテムとステージのギミック
◆ロード時の一枚絵がかっこいい

不満点

◆ボスが強い
◆ロードが少し長い
◆運の要素がある

総合評価:B
↓私の感想はこちら↓

ピポサルレーサーのピポトロンブルーのスチル
【感想や雑談!】『ピポサルレーサー』おバカでハチャメチャなレースゲーム!今までのキャラクターが登場しない点が残念だがPSPで遊べるサルゲッチュ作品の中では群を抜いて面白い!

個人的評価:A こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。 『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』 『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の ...

続きを見る

ゲームシステム

レース

ピポサルレーサーのレースしているところ

出典:ピポサルレーサー|ソフトウェアカタログ

お手軽に遊べる『フリーレース』1人でベストタイムに挑戦する『タイムアタック』など色々な形態のレースを楽しむことができるが今作の目玉は『グランプリ』と言える。

グランプリは『グリーンバナナ』『イエローバナナ』『ゴールドバナナ』『レインボーバナナ』の4つに分かれていてグレードが上がるごとにライバルたちが強くなり、コースも複雑になる。

しかし、グレードが上がるごとに使用できるマシンも増え、楽しみも増える。
ライバルたちもしっかりと強くなるのでCPU相手でも手に汗握るレースができるのもポイント。

各グレードで数回レースをこなすとグランプリポイントが貯まる。ポイントのメーターがいっぱいになると上のグレードを賭けたレースに挑むことができる。

カスタマイズ

ピポサルレーサーのカスラマイズ画面

グランプリやフリーレース終了後、順位に応じてチップを獲得できる。
チップはマシンのカスタマイズに使用することができます。

カスタマイズできるパーツは前輪周りの『ハンドモーター』後輪周りの『フットモーター』背中に背負った『サルドライブ』の3つ。

ピポサルレーサーのカスタマイズ画面

普通のピポヘルメット。

 

ピポサルレーサーのリーゼント

突っ張ることがおさるの〜♪たった一つの勲章だって〜♪

その他にクラクションの音やマシンのカラーリング、はたまたヘルメットの変更まで出来ます。

評価点・不満点の解説

評価点

◆変形のシステムで単純&奥深なレース

ピポサルレーサーのロ〜ングの時

ロ〜ングをしているピポサル

今作の最大の特徴、変形システム。
ロ〜ングでの加速とワ〜イドでのドリフト。

直進ではロ〜ング、カーブではワ〜イドなど使い分けが簡単でゲーム自体のハードルはかなり低い。

ただ、使うのが簡単な分、タイミングやコース取りなどで順位に直結することが多く、1位を狙うならしっかりとした作戦が必要。

シンプルで奥の深いシステムに仕上がっていました。

◆アイテムとステージのギミック

ピポサルレーサーのおばけ

コース『びびっちょハウス』のおばけのギミック。おばけに触れるとスピンしてしまう。

出典:ピポサルレーサー|ソフトウェアカタログ

コースの途中に設置されているデビッチリングに触れると様々なアイテムを手に入れることができる。一発逆連を狙うこともできるし、自分の身を守るためにも使用できる。

ステージによって様々なギミックが仕掛けられている。
落石だったりステージに魚が飛んできたりヘリから機関銃で撃たれたり。
基本的には妨害なのでストレスになる場面も多いですが、ギミックのおかげで順位を覆せることもありどんな勝負にも可能性を持たせてくれました。

◆ロード時の一枚絵がかっこいい

ピポサルレーサーのピポトロンブルーのスチル

ピポトロンブルーのロード中の画面。シンプルにかっこよさが目立つ1枚。

ロード中に挟まる一枚絵の完成度がとても高く、(いい意味で)ピポサルらしくないです。

特にピポトロンが素敵、基本おバカなシリーズなだけに珍しくかっこ良かったです。

不満点

◆ボスが強い

ゲームオーバー

昇格する時に戦うことになるボスなのですが、かなり強いです。
近道は通るわ直線では勝てないわでアイテムとか相手の操作ミスがないと勝てなかったな〜みたいな場面が多々ありました。

◆ロードが少し長い

ピポサルレーサーのピポトロンレッド

レースの度にロードが挟まるので、ロードの回数もそこそこ多くロードの長さが気になりました。
前記した通りロード時にかっこいい一枚絵が挟まるので多少緩和はされますがもう少し短くなれば快適だったな〜と思います。

◆運の要素がある

ピポサルレーサーのレース中の画面

画面奥にいるロボットの口からコース上にビームが発射される。

出典:ピポサルレーサー|ソフトウェアカタログ

評価点にあるギミックやアイテムの話を覆すことになりますが、ミスなく計画通りレースを運べたとしても相手のアイテムに当たったりステージのギミックに巻き込まれたりで順位が覆されることがある。

シンプルにレースだけを楽しみたい人にはこの点が不満点に感じると思います。

まとめ

ピポサルレーサーのタイトル画面

サルゲッチュシリーズから飛び出してきたピポサルたちのレースゲーム。
おバカな見た目とは裏腹にしっかりとした内容で、白熱したレースを楽しむことが出来ます。

ボスに関しての難易度の調整が雑に感じたのと、ギミック&アイテムの運ゲーが強く好みがはっきりと分かれるのかなと思い、このような評価になりました。

この辺の不満点を解消してもう少しボリュームをつければ2を出してもそこそこ行けたんじゃないかなとか思ったり思わなかったり。ラジバンダリ。


ジャンル:レース
発売日:2006年12月7日
対象年齢:A(全年齢対象)
発売元:ソニー
開発元:epics
値段(定価):4,743円

-レビュー記事, レース

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5