ぶーちゃ

東京生まれ東京育ち、近所の公園に来ていたおでん屋さんのおでんで育つ。小学4年の頃に母がPSPを家に持ってきたのがPSPとの馴れ初め(照) 初めて触れたソフトは『モンスターハンターポータブル2nd』 好きなジャンルはローグライク。 苦手なジャンルは3Dアクション。 アイコンはお家のカメ様。 よろしこ。

RPG ゲーム感想&雑談

【感想や雑談!】『ピポサル戦記』PSP最後のサルゲッチュ作品!今作がサルゲッチュの命運を分けたのかはわかりませんが、サルゲッチュの収束を加速してしまったのは否めない…

個人的評価:D

こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。
『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』
『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の評価と個人の感想は違うものです。

なので『あ〜この人はそう感じたのね〜』『こういう捉え方もできるのね〜』程度に軽い気持ちで読んでいただければ幸いです。

また、感想以外にも私の思い出や勝手に思っていることなども話していくので興味のない方はつまらなく感じると思います。
重ねて、ご了承くださいまし。

あ、あとこちらの基準はゆるゆるですので評価が高かったらこういうのが好きなんだな(白目)って感じに受け取ってくださいお。

紹介&レビュー記事はこちら


それではだらだらとお付き合いくださいまし〜。

ミニゲームのノリはピポサルアカデミ〜アと同じ

 

ピポサル戦記のサルナンデスのセリフ

わかりやすい死亡フラグ。このあと封印から解き放たれたピポトロンに立ち向かい行方不明になる。すまん。

今作に多数収録されているミニゲームの数々。
どれもPSPで発売されたピポサルアカデミ〜アのようでおバカさが全開で楽しいです。

ウ○コを我慢してトイレを目指すゲームとか小学生が好きそうなノリですよね。笑
私も好きですがね〜。レビューの方にも書きましたがコロコロコミックが好きだった人は好きだとおもいます。
ペンギンの問題とかケシカスくんとかそのあたりのシュールなノリが満載です!

ゲームは全体的に雑

ピポサル戦記の戦闘シーン出典:ピポサル戦記|ソフトウェアカタログ

ミニゲームの完成度は高い、ってか個人的には好きなので評価したいんです。
が、いかんせん全体で見ると粗が目立つというか雑というか。

システム自体に問題があるというか、調整不足感が否めません。

今作は全体のボリュームが少ないんですがその補完にミニゲームで時間稼ぎをしているような印象さえ覚えました。

戦闘とミニゲームのエンカウントは分けたほうが良いでしょうし、ボスも戦闘にしたほうが良かったと思います。
ボスのミニゲーム自体は面白いんですがね〜、RPGって聞いて実際にプレイしたらボスがミニゲームでした〜って結構衝撃でしたし。

奇をてらったが狙いが反れたって感じなのでしょうかね?
わかりませんが『ピポサル』っていう確立したキャラクターがいるのでもっと色々と改良の余地はあったんじゃないのかな〜って思います。
グラサンかけたやつはマシンガンを持っていますし、赤い吊り目はグローブしてますし。
そういった特徴を活用して他のピポサルとパーティ組めるようにするとか。

まあ、正直時間がなかったのかな?って思います。
ゲーム制作の業界には詳しくないですが、作品の出来を鑑みるにそんな感じがしました。

今作は数あるサルゲッチュシリーズのPSP最後の作品。
そしてこの後PS3で発売されたフリフリ! サルゲッチュでサルゲッチュシリーズに終止符が打たれました。

外伝的作品に力を入れすぎたのが結果的に凶と出てしまったのでしょう。
私は正統派のシリーズ続編を待っています。

活かしきれていなキャラクター達

サルゲッチュ3のサヤカ

サルゲッチュ3の主人公『サヤカ』

サルゲッチュ3のウッキーピンク

ウッキーファイブの1人『ウッキーピンク』

出典:サルゲッチュ3|ソフトウェアカタログ

サルサル大作戦のウッキーブルー

ウッキーファイブの1人『ウッキーブルー』

出典:サルゲッチュ サルサル大作戦|ソフトウェアカタログ

サルゲッチュはPSで第1作が発売されてから派生作品を含め14作が発売されました、今作は13作目です。

シリーズでも派生作品でも色々なキャラクターが生まれました。
ですが…今作で従来のキャラクターはピポトロンしか登場しません。

タイトル画面とか地図画面とかでひっそり描かれてはいるんですが…違う、そうじゃない。

ピポサル戦記の地図画面

地図の画面。右側にウッキーブルーが描かれている。

一応ピポサルしかいないって設定の世界観なので従来の主人公たちが登場できないのは無理と割り切ったとして、ウッキーファイブは出しても良かったんじゃないですかね〜

チャルがセーブポイントにいるとか良いんじゃないですかね!
新しいジャンルに挑戦したのは嬉しかったんですが、もっと培ってきたものを活かせれば…

ローンチタイトルに食い込めた?

ピポサル戦記のタイトル画像

サルゲッチュシリーズは大衆に受け入れられるノリでシンプルなアクションゲーム、普通にシリーズ作品を丁寧に磨いていく作り方をすればローンチタイトルに”麻雀みんゴルサルゲッチュ”って並びが出来たと思うんですよ。まじで。
私の個人的な願望ってのも強いですがね、本当に、そんな未来があったんじゃないのかなって思うと胸が熱くなります。

最後に

ピポサル戦記のオープニング

途中からピポサル戦記の感想ではなくなっていましたがご了承くださいませ。

今作は無難なRPGではなく奇をてらったようなシステムが逆に仇となって色々なところで駄作と言われる作品になってしまいました。

確かにサルゲッチュファンの1人としても養護できないレベルです。

外伝作品に力を入れ始めた理由はわかりませんが、もうちょっと粗を削ることができれば今作ももう少し評価の違った作品になったのではないでしょうか。

ですが個人的にはサルゲッチュの世界観を踏襲したRPGはやりたいです。
もっと色んなキャラを登場させて、もちろんおバカな王子も登場させて。おバカなノリも満載で、お祭り的な作品にしたら絶対楽しいですよね!

PS3ででたサルゲッチュは2010年発売。
2021年現在、PS5も発売されましたが新作どころかリマスター版などの発売もありません。

絶望的かもしれませんが新作の発売を待っています。

-RPG, ゲーム感想&雑談

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5