ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

ゲーム解説

『ユグドラ・ユニオン』の戦闘システムを解説!攻略のコツも紹介。

ユグドラ・ユニオンの戦闘システムは癖があるが、戦略性が高く、一度ハマれば病みつきになれる魅力があります。

ただ、解説すると長くなってしまうので別記事にしました。
この記事では戦闘の解説の他に私が攻略する上で使ったコツなども紹介するのでもし行き詰まった人がいましたら参考にしてみてください!

良ければこちらも読んでくださいね〜↓

↓レビュー紹介記事はこちら↓

ユグドラ・ユニオンのタイトル
【レビュー!】『ユグドラ・ユニオン』独特の戦闘システムと可愛いイラスト&重いシナリオが魅力の一本!

2008年1月24日に発売されたSRPG。 奇をてらったようなシステムと血生臭いシナリオ。可愛いイラストが魅力の一本。 GBA(ゲームボーイアドバンス)からの移植でイベントの追加やバランスの調整がされ ...

続きを見る

↓感想&雑談記事はこちら↓

ユグドラ・ユニオンのオープニングムービーのスクショ
【感想や雑談】『ユグドラ・ユニオン』正義を描いたシナリオと一度ハマるとなかなか病みつきになる戦闘が個人的ポイント! 感想

個人的評価:A こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。 『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』 『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の ...

続きを見る

 

1,戦闘前の準備

準備を軽視することなかれ、今作は戦闘中に回復や装備変更が出来ません。
前半はゴリ押しでもクリアは出来ますが、後半は戦略を意識しないと勝てない場合もあります。
やれることは4つ。
◆情報の確認
◆装備品の装着
◆士気の回復
◆ユニット・カードの選択

 

◆情報の確認

ユグドラ・ユニオンの地形確認画面 ユグドラ・ユニオンのステージ確認画面

地形や敵の配置などを確認することが出来ます。
ユニットには得意な地形があったり、敵との相性があるのでしっかりと確認しましょう。

◆装備品の装備

ユグドラ・ユニオンの装備品の画面

鉄のチョーカーを装備した場合。2mapとあるので2回ステージを攻略すると壊れてしまう。

ユグドラ・ユニオン装備品の画面

鉄のチョーカーは女性専用なのでミラノは装備できない。

装備品は使用できるステージ数が決まっている消耗品。
装備品は相性があり、装備できるユニットと装備できないユニットがいる。
ステータスが上がるほか、特殊な効果を付与してくれる装備品もある。

◆士気の回復

ユグドラ・ユニオンの回復の画面

ユグドラに鉄のチョーカーを使用した場合。

ユグドラ・ユニオンの回復の画面

ミラノに鉄のチョーカーを使用した場合。同じアイテムでも回復できる量が変化する。

士気とは体力のこと。
士気の回復は、装備品を消費します。
もちろん装備品は消費され無くなるので、回復に回すか装備に回すかをやりくりする必要があります。
難易度がノーマルの場合は選択しなかったユニットが次のステージの始まりに回復します。

◆ユニット・カードの選択

ステージによって選択できる数が違う。
また、ステージによって強制出撃のキャラもいる。

行動できる回数やスキルはここでしか決められないので情報を頼りに戦略を組みましょう。

戦闘の流れ

1.カードの選択
2.移動・配置
3.戦闘
4.機動力が残っていた場合は移動
5.相手のターン

1〜5で1ターン。
この流れを勝利条件を満たすまで繰り返します。

基本的にはSRPGのようなシステム。背後からの攻撃や高低差による攻撃などはなく、戦いは平面で行われる。

1.カードの選択

タクティクスカード

ユグドラ・ユニオンのポイズンブレスのカード

カードのステータス画面、カードのイラストも可愛い。

ユグドラ・ユニオンのカード説明画面

左下のPowerと書かれたのが攻撃力。Moveが機動力。Aceがスキルを使用できる武器の種類。右側にはカードの効果や備考が書かれている。

タクティクスカードはターンの初めに1枚選択するカードのこと。
カードには攻撃力と機動力とスキル、3つの効果があります。

攻撃力は言わずもがな、相手にどれだけダメージを与えられるかの数値。
ただ、書いてある数値をそのまま与えるわけではなく攻撃したユニットの攻撃力との兼ね合いで決定されます。

機動力は移動できる回数を表している。
機動力は部隊で共有。例えば機動力10のカードを選択した場合そのターンでは10回しか移動できません。

Aのユニットを5歩、Bのユニットを5歩っていうふうに分けてもいいですしAのユニットを10歩動かすことも可能です。

カードに武器のマークが合った場合は切り込み隊長が絵柄の武器と同じ場合にしかスキルを発動することが出来ません。

カードの育成

ユグドラ・ユニオンの戦闘後の画面

カードは使用すると少しずつ強くなっていきます。
強力な効果のカードなどを後半の戦いに向けて意識して使っても良いと思います。

2.移動・配置

カードを選択したらユニットを動かし、配置していきます。
その際に意識するのがユニオンシステムです。

ユニオンシステム

切り込み隊長となったユニットから発生するユニオンによって敵と連戦することが可能になります。

切り込み隊長からは2パターンのユニオンが伸びる。パターンは切り込み隊長の性別で変化する。
女性の場合は十字タイプ。男性の場合は×タイプです。
ユグドラ・ユニオンのユニオンシステムユグドラ・ユニオンのユニオン

このユニオンの上に乗っている味方ユニットが加勢してくれます。

加勢してくれるユニットからも2パターンの小さいユニオンが伸びる。小さいユニオンの上に乗っているユニットも加勢してくれる。

パターンは通常のユニオンと同じです。

ユグドラ・ユニオンのリンク ユグドラ・ユニオンのリンク

切り込み隊長含め最大5人まで加勢してくれる。
もちろん相手のユニットもユニオンとリンクが伸びているのでその分だけ連戦することになります。

 

切り込み隊長

ユグドラ・ユニオンの戦闘に入る前の画面

戦闘に入る前の画面。赤いのが敵のユニット。青いのが味方のユニットです。青い十字に伸びているものがユニオン。

今作は1ターンに1度までしか攻撃できない。
攻撃を仕掛けたユニットは切り込み隊長になり、切り込み隊長は攻撃後は移動ができなくなる。
ユニオンは切り込み隊長から伸びる。
また、スキルが使用できるかどうかは切り込み隊長の武器に依存する。

3.戦闘

白兵戦

ユグドラ・ユニオンの戦闘画面

画面上部のメーターがスキルゲージ。左側が自軍。右側が敵軍です。両側に大きく書いてある数字は残りのユニット数。

出典:ユグドラ・ユニオン|ソフトウェアカタログ

戦闘はユニット同士がぶつかる白兵戦で行われます。
まずは攻撃を仕掛けた側が突撃を仕掛け、その後防御側が反撃。

その後は自動でユニットが戦ってくれます。
ただ、指示を出すことも可能。

十字キーの←を押し続ける間スキルゲージが貯まる代わりに攻撃力が低下。
十字キーの→を押し続ける間スキルゲージを消費する代わりに攻撃力が上昇し属性攻撃を行う。

スキルゲージが満タンになるとスキルを使用可能になります。

ユニットの数は4人編成の部隊と8人編成の部隊がいます。
4人編成の場合はリーダー1人+モブユニット3人。
8人編成の場合はリーダー1人+モブユニット7人。
お互いモブユニットから減っていき、最後にリーダーが残ります。

ただ、何らかの影響でリーダーが先に倒される場合がある。
その場合は部隊がパニック状態になり指示を出したりスキルを発動することが不可能になってしまいます。

武器相性

今作は武器が8種類あり、それぞれに相性があります。

ユグドラ・ユニオンの武器の相性表

剣は斧に強く、斧は槍に強く、剣は斧に強い。この3すくみが一番戦うことが多いので覚えておいて損はないです。

その3すくみに鎌と杖が強い。弓は3すくみに弱い。
杖は弓に弱く。塊に強い。
塊は書にも弱い。
書は杖にも強く弓に弱い。

戦闘において武器の相性は結構重要なので意識するだけで勝率に響いてきます。

4.機動力が残っていた場合は移動

攻撃後、切り込み隊長は移動が不可になってしまいますがその他のユニットは移動することが出来ます。
連戦で消耗してしまったユニットをユニオンから外したりフィールドの探索に回すのがおすすめです。

5.相手のターン

相手も基本は同じような行動をします。
直前の自分のターンで使用していたタクティクスカードをそのまま使用します。

攻略のコツ

◆強い敵には連戦で集中砲火!
◆ユニオンシステムを最大限活用しよう!
◆スキルなどで対抗してみよう!
◆シールドバリアを上手に使おう!
◆困ったらミラノ&スティール!
◆難しい場合はリトライ推奨!

◆強い敵には連戦で集中砲火!

連戦はお互いのユニオンで5人同士の総力戦になる場合もありますが5人VS1人の状況になることもあります。

5人で攻める場合は5人入れ替わりで攻めるのでユニットのダメージが最小限で抑えられます。
反対に1人の場合は5人を相手しなければならず、連戦するたびに消耗した状態で戦いに挑むことになります。

これを利用すれば強い敵にも勝てるチャンスが生まれます。
なのでまずは、ボスの取り巻きを倒していくことが大切です。

◆ユニオンシステムを最大限活用しよう!

ユニオンシステムの応用というか、強大な敵と戦う場合は自軍の強いユニットを後半にぶつけるのがおすすめです。
先程言った連戦による消耗で後半のほうが弱体化しています。
確実に士気を削るためにも消耗したところを強力なユニットで攻めることを意識してみましょう。

また、5人VS5人のような総力戦になった場合、戦う順番も肝心です。
武器の相性をメインに有利に立ち回れるよう意識してユニオンを組んでみましょう。

◆スキルなどで対抗してみよう!

各ユニット固有のスキルを持っています。
特に○○属性攻撃無効系のスキルは重宝する。

ユグドラ・ユニオンの戦闘画面

右側敵軍の下の方にメーターがある。これは敵軍のレイジレート。敵の戦意を表す。

レイジレートは3段階まで貯まる。

1段階目は通常の攻撃。2段階目は攻撃力がアップし属性攻撃を仕掛けてきます。3段階目は属性攻撃をしなくなりますが攻撃力がさらにアップ、またスキルの使用条件が整っていればスキルを使用してきます。

敵の攻撃の属性と○○属性攻撃無効の無効にする属性が同じであれば敵のレイジレート2段階目の攻撃を完全に無効化することが出来る。
あとはユニットが持っている得意な地形に配置できるようにユニオンを組んでみたりするのも効果的です。

◆シールドバリアを上手に使おう!

ユグドラ・ユニオンのシールドバリア

タクティクスカードの一つにシールドバリアというものがあります。

効果はスキル発動中は敵の攻撃を受け付けない。
この効果をうまく活用すると不利な武器相性の時なども勝機が掴めます。
もちろん強敵と戦うときも高い効果を発揮します。
ただ、機動力が低いので敵と戦闘状態になってから使用するようにしましょう。

◆困ったらミラノ&スティール!

ユグドラ・ユニオンのスティール

ミラノは全ステージ強制出撃なのでなにかとレベルがあがります。
ミラノしかスキルが使用できないスティールというカードは機動力が12もあって攻撃力も高いです。

なので決めに行く時なんかはスティールを使用すると良いですよ。
雑魚を一掃するときも、ボスに挑むときにも重宝します。
強すぎてネタにされてたりします。

◆難しい場合はリトライ推奨!

リトライをすると敵が弱体化するんですよ。
その代わり戦闘後のMVPがなくなりますが、何度やってもクリアできない場合はリトライしてみたください。

まとめ

いろいろと言いましたが、最初から全部できるわけではないです。
スキルの使用やユニオンシステムなどは最初は開放されておらずステージをすすめるごとに開放されます。
そのたびにしっかりとチュートリアルが挟まるので置いてけぼりになることはありません。が。
要素が多いのでたまにわからなくなります。チュートリアルはいつでも見返せるのですがね。

難易度ノーマルならある程度ゴリ押しでも進められるのでそこまで気にすることもないですが、行き詰まってしまった人は参考にしてみてくださいー。

 

-ゲーム解説

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5