ぶーちゃ

東京生まれ東京育ち、近所の公園に来ていたおでん屋さんのおでんで育つ。小学4年の頃に母がPSPを家に持ってきたのがPSPとの馴れ初め(照) 初めて触れたソフトは『モンスターハンターポータブル2nd』 好きなジャンルはローグライク。 苦手なジャンルは3Dアクション。 アイコンはお家のカメ様。 よろしこ。

パズル レビュー記事

[レビュー!]【ジュクゴン】ゲームは面白いが足周りが適当。

2006年7月13日にSEGAより発売された落ち物系のパズル。

漢字を組み合わせて熟語を作る、斬新な設定が面白い。
「三宅式こくごドリル」というクイズ番組のコーナーでやっていたゲームをPSPに移植した作品です。

今回は【ジュクゴン

紹介&レビュー記事です。よろしければ最後までお付き合いください。

評価点

◆漢字を使った新しいパズル

不満点

◆記録が残らない
◆詰む可能性がある

総合評価:C
↓私の感想はこちら↓

ジュクゴンのゲーム画面
[感想や雑談]【ジュクゴン】リメイクしてスマホに移植したら楽しめそう。

個人的評価:A こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。 「評判は良いけど個人的に合わなかったな」 「評価低いけど意外と楽しめたぞ?」 って感じで世間の評価と個人の ...

続きを見る

ゲームシステム

ジュクゴンのゲーム画面

基本的には落ち物系のパズル。特徴は『熟語を作ってブロックを消す』ことです
最初から用意されている漢字のブロックと上から降ってくる漢字のブロックを組み合わせて一つの熟語を作成し、すべて消すことが目標になります。

例えばしたに【午】のピースがあったとして上から【正】が落ちてきた場合。

【午】の上に【正】を乗せれば【正午】という熟語が完成。その熟語は消えます。

上に乗せた場合は上から下に読み。横に置いた場合は左から右に向かって読みます。

組み合わせ次第では一度に3つ消すことも可能。一度に複数消すとスコアが加算されます。
連鎖式に消すことも可能なので、慣れてくれば意図的に連鎖や同時消しも可能になってくる。

漢字は下の漢字と組み合わせて熟語が出来るように落ちてきます。(たまに出来ないけど)

モード

ジュクゴンのゲーム画面

モードは3つ
◆テレビモード
◆とことんモード
◆テーマモード

◆テレビモード

時間制限90秒のタイムアタック方式。

全消しした時点の残り時間はスコアに加算されます。

◆とことんモード

制限時間が120秒。全消しした場合は時間が120秒加算され、新たにブロックが補充され、落下するスピードが早くなる。
何度か全消しをすると初期配置されるブロックの数が増える。そして落下スピードが最初に戻る。

スピード+初期配置の量で段々と難易度が上がっていきます。

◆テーマモード

「都道府県の名前」や「色の名前」などテーマに沿った熟語を作るモード。それ以外のルールはとことんモードと同じです。

評価点・不満点の解説

評価点

◆漢字を使った新しいパズル

 

ジュクゴンのゲーム画面

「テトリス」や「ぷよぷよ」などと同じ、落ちもの系に属するゲーム。
2つの漢字を組み合わせて1つの熟語を作り上げるシステムはとても斬新で面白い。

難しい熟語を知るきっかけにもなるし
日々の生活で培った知識を活躍させることも出来ます。

それに落ちもの系のハラハラする緊張感が相まって
脳トレにとっても良さそうなゲームでした。

不満点

◆記録が残らない

記録が残らないっていうかセーブ機能がないんですよ。

パズルって普通スコアが残って
それを越えようとしたり
日々の成長を実感したりして

それがモチベーションだったりすると思うんですがそのへんが全部無い
さらには作った熟語一覧とかもないのでやればやるほど虚しくなります。

◆詰む可能性がある

右下に置いたブロックによっては詰むことがあります。

例えば、チャレンジモードの都道府県の問題

右下に【熊】が来ると、どう頑張っても【熊本】が完成できません

しかしシステムが【熊本】を完成させようと
永遠と【熊】と【本】だけを落としてきます。

こうなると永遠に熊本を作るゲームになるのでわざと失敗するしかなくなります。
ジュクゴンは移植している?

ジュクゴンはPSPで発売された後、携帯アプリに移植されました。

それ以外では移植されていませんね。
スマホに移植してもイケルと思いますが。どうなんでしょう。

まとめ

ジュクゴンのタイトル画面

漢字を組み合わせて熟語を作る斬新な設定
ゲーム的には面白いが、周りのシステムがちょっと雑すぎた。

価格は1980円
とても安価だが、それでも高いと感じてしまうような内容。

もう少し洗練すればもっともっと評価の違った作品だったかなと思います。

ジャンル:パズル
発売日:2006年7月13日
対象年齢:A(全年齢対象)
発売元:SEGA
開発元:SEGA
値段(定価):1980円

created by Rinker
¥248 (2021/06/19 12:09:20時点 楽天市場調べ-詳細)

-パズル, レビュー記事

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5