ぶーちゃ

東京生まれ東京育ち、近所の公園に来ていたおでん屋さんのおでんで育つ。小学4年の頃に母がPSPを家に持ってきたのがPSPとの馴れ初め(照) 初めて触れたソフトは『モンスターハンターポータブル2nd』 好きなジャンルはローグライク。 苦手なジャンルは3Dアクション。 アイコンはお家のカメ様。 よろしこ。

RPG レビュー記事

【レビュー】『ブレイブストーリー 新たなる旅人』

ブレイブストーリー新たなる旅人のタイトル

出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

2006年7月6日発売されたRPGのゲーム。

小説を原作にした作品で今作が発売された日に
PS2で『ブレイブストーリー ワタルの冒険
DSで『ブレイブストーリーボクのキオクとネガイ
が同時発売されました。それぞれ世界観などは原作を踏まえているが内容は別物。

2006年7月8日に映画『ブレイブストーリー』が公開されました。
原作ありきのゲームですが今作の内容は完全オリジナル。

今回は『ブレイブストーリー 新たなる旅人
紹介&レビューです。最後まで、ごゆるりと。

ストーリー

あらすじ

ブレイブストーリー新たなる旅人の主人公とユーノとソグレス

左から水人族の『ソグレス』人間の『タツヤ』ネ族の『ユーノ』ソグレスの足元にいる子はソグレスの子供。

出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

ある日の休日。
タツヤ』は『ミキ』と一緒に公園に来ている。
タツヤがゲームに夢中になっている間に、ミキはどこかに行ってしまう。探しに行くタツヤだが、見つけた時には路上で倒れていた。

すぐに病院に運ばれたが理由のわからない病気に、お医者さんもお手上げ。
自分の無力さを知ったタツヤはやけくそに病院の屋上へと駆ける。

落ち込む中で聞こえてきたのは女性の声

「ミキを助けたければ勇気を示せ」

タツヤは目の前に現れた扉をくぐり、勇気を示すための旅へと出かける…

キーワード

タツヤ

主人公。小学5年生。11才
運動が得意でゲームが好き。ミキを助けるために幻界へと旅立つ。

ミキ

タツヤの幼馴染。多分同い年?
活発な性格で強引なところがある。
謎の病に倒れ病院で入院している。意識がない。

ユーノ

最初に仲間になるネ族の女の子。15才。かわいい。
弓の扱いに長け、身のこなしが軽やかで素早い。強引で軽率な所があるが根は優しくて仲間想い。

謎の女性の声

タツヤを幻界に誘った謎の声。
声が言うにはミキは助からない運命にあり、助けるためには幻界で勇気を示す必要があるという。

要御扉

病院の屋上に出現した扉。幻界に通じている。

幻界(ヴィジョン)

今回の舞台。
様々な種族が共存している。
猫のような耳としっぽを持った『ネ族
トカゲのような『水人族
などなど。旅を通してたくさんの人と出会う。

システム

基本的に正統派なRPG。
今作独自の要素も多いが複雑なシステムなどはなくとっつきやすい。

戦闘

ランダムエンカウント方式。エンカウント率は普通くらいだと感じました。
ネットではエンカウント率が高いって意見もちらほらありました。普通〜高ぐらいで考えていただければ。

ステータス&装備

攻撃力や速さといった基本的な部分は割愛するとして、今作の中で特徴的なのは『BP』です。BPとは後記する【勇技】や【絆勇技】を使用する際に消費するもので、多くのRPGではMPと呼ばれることが多いです。

BPの特徴は回復方法にあり。アイテムで回復することも可能だが敵に与えたダメージによって回復する。なので「BPを10消費して大ダメージを与え15回復する」といった戦法も可能。これにより道中でもガンガン強力な技を使用することが可能だった。

最終的に主人公含む6人が仲間になりますが戦闘に出れるのは3人までで残りのメンバーは控えになる。

各キャラクターパッシブスキルを1つ保持しておりストーリーを進めたりイベントをこなすことにより開放。装備はそれぞれ固定のジャンルがあり「斧を装備しているキャラに弓を装備する」と、いったことはできない。
(※パッシブスキルとは自発的に発動するスキルではなく習得した時から恩恵を受けるスキル。例:通常攻撃が2回になる。攻撃を受けた時一定の確率で反撃する。など…)

武器と防具を1つずつ、それとアクセサリーを3つ装備することが可能。
アクセサリーは装備と違い制限がないので、誰に何を装備するするのも自由。攻撃力をあげるアクセサリーを3つ装備したり体力や防御力をバランスよく上げることもできる。

コマンド

ブレイブストーリー新たなる旅人の絆勇技使用場面出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

基本的な【通常攻撃】【防御】【逃走】【アイテム】に加え、【勇技】【絆勇技】というコマンドがあります。【勇技】は、ドラクエやFFシリーズにおいて魔法と同等の扱い。各キャラクターごとに覚える勇技が違う。レベルで覚えていく。
【絆勇技】は主人公と仲間に一定以上の絆が生まれると開放される特殊な勇技。絆が生まれた仲間同士じゃないと使用不可。例えば一番最初にユーノと『初めての共同作業』という技を覚えるがこれはユーノが戦闘のメンバーに起用されている場合にしか使用することはできない。
多くの絆勇技が主人公+仲間1人だが、中には主人公+仲間2人の技もある。主人公と連携先、どちらのBPも消費する。

控えにいるメンバーとの絆勇技は発動することが出来ない。強力な効果が多い反面、連携先の仲間が混乱などの行動を抑制する状態異常にかかっている場合やBPが足りない場合は発動が失敗して通常攻撃になってしまう。

その他、一定の条件下で発動する特殊な要素も存在する。

絆ガード

敵の攻撃から味方が守ってくれる場合がある。これが絆ガード。

発動した場合は代わりに味方がダメージを受ける。オートで発動。状態異常などの攻撃に対しては発動しない。絆が深いほど発動率は高くなる。【防御】している状態で肩代わりしてくれるのでダメージは大幅に減少する。

エクストラアタック

体力の低い敵を通常攻撃で撃破した時、勢いづいて他の敵にも攻撃を加える事がある。
これがエクストラアタック。

通常攻撃で撃破した際にのみ発動。うまく活用すれば1回の攻撃で2体の敵を撃破出来る。
体力の低くなった敵は地に手を付いたり、息を切らしたりしているので敵を観察すると良い。発動は自動なので運が絡むが体感では発動率は50%以上あった。

フィールド

ブレイブストーリー新たなる旅人の主人公とユーノ

出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

ワールドマップとダンジョンと街に区分される。街以外では敵とエンカウントする可能性がある。
ワールドマップは最初は徒歩でしか移動できないがシナリオを進めていくと空を飛んで移動できるようになる。空中は移動速度が速いし敵とエンカウントしないので快適。

街には宿屋や道具屋がある、ちなみにセーブは宿屋とダンジョン内にあるセーブポイントでしかできない。

アクセサリー制作

敵が落とす素材や宝箱から入手する素材を組み合わせ、アクセサリーを制作することができる。

アクセサリーは今作を極める上では欠かせない要素。武器防具の装備品だけでは小回りが効かないので短所を補ったり長所を伸ばしたりできる。

その他

主人公『タツヤ』と幼馴染『ミキ』の名前は変更可能。

感想&レビュー

映画の世界観を踏まえた作品

ブレイブストーリー新たなる旅人のパッケージ出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

幻界や暮らしている種族など、映画の世界観を受け継いでいます。
私は小説は読んだことないので、昔テレビでみた映画の記憶を頼りに比較していますがこんな雰囲気だったなーって感じていました。

ワタルやミーナといった映画の登場人物もイベントで登場。一定期間だけですが一緒に行動するときもあります。映画の再現作品ではなく世界観を受け継いだオリジナルストーリーです。

パッケージのデザイン、ゲーム主人公のタツヤ達よりも映画主人公のワタル達のほうがデカデカと描かれています。「ゲームではワタルの方がちょい役なんだから控えてろやっ」って心の中でツッコミ入れておきましょう。

超王道なRPG

ブレイブストーリー新たなる旅人の戦闘シーン出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

超をつけてもいいぐらいの王道RPGです。
BPの回復や絆勇技など今作オリジナルな要素もありますが、システムやゲーム性が揺らぐほどの大きな要素ではない。基本と応用みたいなものです。
むしろBPの回復のおかげで道中の敵にバンバン技を使えるので、雑魚戦が楽でした。
ストーリーもド王道。悪く言えば先が読める。が悪く言う必要はないので悪く言いません。
仲間との絆。勇気が試され成長する主人公。行く先々での出会い。
どれも丁寧に作られているので余計なものが入らず、最後までシンプルな感情でプレイできます。

けもみみかわいい

一番最初に仲間になるユーリちゃんかわいい。ヒロインポジションですし会話中とかに猫耳がピクピクしてるのがかわいいんですよね。勝ち気でお転婆な性格もきゃわわ。
ユーリちゃんが一部の勇技を使う時にアップになるので可愛いお顔をまじまじと見ることができますよ。ヘヘヘ

まじまじと見ることが可能なのは画質の良さが関係しています。2006年発売のゲームとしてはかなり画質が良く、アップにしても綺麗なまま表示されます。また、音楽も良いのでゲームを構成する要素のどれにも非の打ち所がないです。

映画やアニメ・漫画など。人気の後を追うように発売されたゲームは面白くないのが多いと言われていますが今作は1つの作品として丁寧に作られており、そんな偏見をふっとばしてくれました。

遊びやすい

ブレイブストーリー新たなる旅人の戦闘シーン出典:ブレイブストーリー 新たなる旅人|ソフトウェアカタログ

シナリオは基本的に1本道、システムもとっつきやすく、難易度も高くない。
次にどこに行けばいいかわからなくなったらRボタンで教えてくれますし、最初にワールドマップを入手できるので道に迷うこともない。

BP回復やエクストラアタックのおかげで雑魚戦もスパスパ進みますし、ダンジョンもそこまで複雑ではないです。レベルの低い敵とエンカウントしなくなる勇技やダンジョンから一瞬で抜け出せる勇技もあるので快適。ボスはそこそこの歯ごたえなので簡単すぎることもなくメリハリを感じながらプレイできました。

ボリュームは少ないがクリア後要素あり

クリア後にはボリュームが少ないが隠しダンジョンが存在するようです。
クリア後のダンジョンは未プレイです、今はまだ余韻に浸っているのでもう一度やるのは嫌なんですよ。そう感じるくらいに素敵なシナリオでした。

全体的にボリュームは少ないですかね。私は25時間ほどでクリアしました。クリア後の要素も含め遊べるのは30時間くらいですかね?

まとめ

映画の雰囲気をそのままに新しいストーリーを紡いだ作品。王道なシナリオは真っ直ぐに描かれていてとても素敵です。
ゲームシステムもとっつきやすく、斬新ながらに複雑ではない。難易度も比較的簡単なので人を選びません。

映画やアニメをモチーフにしたゲームはつまらないって偏見を見事に吹き飛ばしてくれた作品でした。

ジャンル:RPG
発売日:2006年
対象年齢:A(全年齢対象)
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
開発元:ゲームリパブリック

-RPG, レビュー記事

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5