ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

その他 レビュー記事

[レビュー!]【バイトヘル2000】ハマる人はどっぷりハマるオムニバスゲーム!

2005年12月22日にソニーから発売されたオムニバスゲーム。
ピエール瀧さんが監督、独特な世界観を上手にゲームに絡めています。

今回は【バイトヘル2000

紹介&レビュー記事です。よろしければ最後までお付き合いください。

評価点

◆癖の強いゲーム集
◆きもかわいくないキャラクター
◆ゲームの種類がたくさんある
◆良くも悪くもファミコンライク

不満点

◆良くも悪くもファミコンライク
◆ハズレが多すぎ

総合評価:A
↓私の感想はこちら↓

バイトヘル2000の薪割り2のタイトル画面
[感想や雑談]【バイトヘル2000】くだらないのに、やめられない。

個人的評価:S こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。 『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』 『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の ...

続きを見る

ゲームシステム

オムニバスゲーム。
一つ一つの”バイト”がとても色々な意味で特徴的で一度見たら忘れないようなインパクトを持っています。

バイトをこなすことによってバイト代を得られる、そのお金で”ガチャ”を回し新しいバイトやコレクションアイテムの”ハズレ”などを収集していくのが目的です。

バイトにより報酬にばらつきがありますが、どれも個性的で違った楽しみがあるのでお金がいつの間にか溜まっていた。なんてことも多いです。

バイト紹介

特にバイトヘル2000っぽいバイトを3つ紹介します。

ボールペン工場

バイトヘル2000のボールペン工場

ひったすらボールペンにキャップをかぶせ続けるバイト。
作業系のゲームというよりかは作業です。

ただ、何故か癖になってしまう魅力があってぽけーっと続けてしまいます。

まき割り2

バイトヘル2000の薪割り

前作「グルーヴ地獄」からの続投なので2がついています。
おばあさんが置いた薪をテンポよく割っていくバイト。
なんですが、おばあさんは時折動物など薪以外の物も置いてきます。
もちろん動物を切ったらアウト。しかも置いてから切るまでは1秒の猶予もないので一瞬躊躇しただけアウトになります。

酔いどれ市長

バイトヘル2000の酔いどれ市長のタイトル画面

市長になってテープカットを完遂させるバイト。
ただ、市長はめちゃくちゃ酔っ払っているので手元はふらふら。簡単にはいきません。

一回失敗すると市長を即解任されるので慎重に切る必要がありますが、制限時間もあるのでしっかりと決める必要もあります。

ガチャガチャ

バイトヘル2000のガチャ画面

バイト代を払って回せるガチャガチャ。
安いものから 100円 500円 1000円 5000円 の四種類。
高いほうが良いものが出やすいとかそんな感じではなく、100円でしか出ないものもあるし5000円でしか出ないものもあります。

ツール

ガチャガチャから得られるものはバイトやハズレの他に”ツール”というものもあります。

ツールは便利な機能。
例えばPSPが懐中電灯代わりになる”light”
生年月日を入力すると干支を教えてくれる”干支チェッカー”
今ではどれもスマホで事足りますが、この頃はスマホもなかったので活用していた人もいたんじゃないでしょうか。

ハズレ

ガチャガチャから排出される物の大半はこの”ハズレ”
いわゆるコレクション要素で、448種類とその数は膨大です。

評価点・不満点の解説

評価点

◆癖の強いバイト集

バイトヘル2000のファミレスオーダー取りのタイトル画面

一見するだけで普通とは違うと感じざるを得ない雰囲気を醸しているバイトがたくさん。
これを受け付けるかは別として、インパクトがあるのは間違いなく脳裏に焼き付いた人も多いハズ。

操作ボタンが一つしかないようなシンプルで簡単なバイトが多いが、グラフィック等の癖のおかげで単調だが飽きにくいゲーム性になっている。

◆きもかわいくないキャラクター

バイトヘル2000の受付

きもかわ…いくない。でも決して気持ち悪いわけではない。
いや気持ち悪いかも、気持ち悪いというよりかは”きもちわるい”って感じ。

どのキャラもデザインが奇抜だがなんとなく掴みどころがないような、ご当地キャラにはなれないゆるきゃらみたいな。

バイトに並び、キャラクター達も今作の魅力には欠かせない要素です。

◆バイトの種類がたくさんある

バイトヘル2000のリフティング地獄のタイトル画面

どれも単調で、工夫があるにしても長時間やるとやっぱり飽きてしまいます。
ですが、30種類ほどのバイトが用意されているので順々にやっていればそこそこ長く遊べますし、どのバイトも短時間でパッとできるので少しだけやりたいな〜なんてときにもぴったりです。

◆ファミコンライク

バイトの中には他作品のオマージュと感じるものや、昔を彷彿とさせるようなものがあります。
ピコピコ音で動く”1000本ノック”なんかは特にそうです。グラフィックもドット絵ですしね。

不満点

◆良くも悪くもファミコンライク

クリア難易度が極端に高いミニゲームが一部あります。
1000本ノックなんかが該当します、まあ今作はクリアしないと先に進めないとかはないのでそこまで大きな不満でもないんですが。

それと称号の確認やスコアの確認がちょっと手間がかかるのも不親切な感じがしました。

◆ハズレが多すぎ

ガチャから排出される”ハズレ”
今作のコレクション要素です。

数は448種類。どれがどのガチャから出るかもわからないしガチャは普通にダブるので相当な時間と気力が必要になってきます。

一覧があるので、穴があるのが気に食わない人は多分沼にハマります。

まとめ

バイトヘル2000のタイトル

出典:バイトヘル2000|ソフトウェアカタログ

絶対に類義品はないだろうと言える作品。唯一無二ってやつですね。

ゲーム性を捨てているようで、しっかりと楽しめるし熱くなれる作品がいっぱいでハマる人は冗談抜きで半年くらい遊べると思います。

ゲームの完成度…というか純粋な面白さでは花丸満点一等賞なんですが振りっきたゲームデザインの影響で好みがはっきりと分かれるので評価はSではなくAにしました〜。

とりあえずビビッときたらやってみるのがおすすめです。

ジャンル:オムニバスゲーム
発売日:2005年12月22日
対象年齢:A(全年齢対象)
発売元:ソニー
開発元:ソニー
値段(定価):4800円

created by Rinker
¥998 (2021/09/25 08:42:35時点 楽天市場調べ-詳細)

-その他, レビュー記事

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5