ぶーちゃ

PSPを中心にゲーム大好きな20代。今までプレイしたタイトルは300以上(だと思います) PSPは100本以上はプレイ済。1つのソフトを長くやるよりも広く浅くやるタイプです。好きなジャンルはローグライク。苦手なジャンルはアクションです。

その他 アクション レビュー記事 音ゲー

【レビュー!】[パタポン]キモカワな生き物”パタポン”と独特の操作が魅力の音楽アクションゲーム!

パタポンのタイトル出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

2007年12月20日に発売されたコマンド・カーニバルゲーム。

ユニークなキャラクターが目を引くパッケージ。
内容は奇抜ではないですがキャラクターの魅力を堪能できるよう丁寧に作られている。

今回は[パタポン]

紹介&レビュー記事です。よろしければ最後までお付き合いください。

評価点

◆リズムで指揮する独特の操作
◆高難易度
◆パタポンたちがかわいい
◆シリアスなシナリオ
◆ミニゲームも面白い
◆育成が深い&やり込める

不満点

◆リズム感がないときつい
◆ミニゲームのテンポが悪い

総合評価:S
↓私の感想はこちら↓

パタポンのボス戦
【感想や雑談】『パタポン』お祭り的な雰囲気が楽しいリズムゲームの新境地!キャラクターの魅力を最大限活かしたゲーム内容はあっぱれですー!

個人的評価:S こちらの記事は私の個人的な見解や偏見が含まれているので、予めご了承ください。 『このゲーム評判は良いけど個人的には合わなかったな…』 『評価低いけど意外と楽しめたぞ?』って感じで世間の ...

続きを見る

ストーリー

あらすじ

パタポンのボス戦出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

あなたは一冊の本を手に取る。
そこには神の太鼓に導かれかつて世界を踏破したパタポン達の伝説が描かれている。
あなたはパタポン達の神様となり、奇跡の太鼓を打ち鳴らして、世界の果てに導きましょう!

主な登場人物

パタポン

目玉に手足が生えたような奇妙な生き物。
神様であるプレイヤーを慕ってくれる。かわいい。
お肉が大好物で、狩りだってこなせる。

エデン

パタポンたちの中で唯一、神様(プレイヤー)と会話することができる。
よくさらわれる。

ジゴトン

パタポンたちとなんとなく雰囲気が似ている別の種族。

ジゴトン族たちの言い伝えで”パタポンたちが動き始めると世界が滅亡する”と言われており、言い伝えを信じパタポンたちの前に立ちはだかる。

ゲームシステム

パタポンのミラクル出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

パタポンたちをリズムで操作するアクション&リズムゲーム!

4拍ごと、パタポンたちに”太鼓”で指示を出します。
例えば
□□□○で”行進”
○○□○で”攻撃”

など異なる音色を組み合わせ、色々な指示を的確に出すことによってパタポンたちをゴールへと導きます。

一定のリズムをキープしながら入力しなければならず、咄嗟の判断ができないのが少し難しいです。

パタポンについて

チーム

パタポンのボス戦出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

パタポンたちは”弓隊”や”盾隊”などの特性の異なった部隊が存在する。
部隊3つで1チームを組み、戦場に赴きます。

1チームの中に同じ部隊を入れることは不可能で必ず異なった3部隊でチームを組まなければならない。

パタポンの誕生と種類

パタポンの生まれる画面出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

パタポンは”素材”と”チャリン”から生まれます。

素材は敵が落としたり、ミニゲームのクリア報酬で入手可能。
チャリンは私達で言う”お金”のようなものでレア度の高いパタポンを生み出すには大量のチャリンが必要になる。

パタポンたちの中には”レアポン”と呼ばれる種類が存在する。

レアポンは種類ごとに特徴が異なり、それぞれに得意な部隊がある。

例えば”モフール”はHPが高く防御の面で優れている。攻撃に眠りの状態異常が付与されますが炎の耐性が低いので炎の状態異常になりやすい。

HPが高いので前衛の職業にしても良さそうですが、眠りを活かして後衛に回しても活躍できそうなレアポンです。

弓や盾などの部隊と特徴の異なるレアポンの組み合わせで色々な戦い方が可能になっていました。

評価点・不満点の解説

評価点

◆リズムで指揮する独特の操作

パタポンのゲーム画面出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

攻撃も回避も全身もすべてリズムで指揮を執ります。

普遍的なアクションゲームでは敵の攻撃に合わせガードや回避が”咄嗟に”発動出来ますが今作はそうはいきません。

もちろん敵の予備動作をみて回避や攻撃の指示を出すんですが、本当に一回しかチャンスがないんですよ。

攻撃のリズムは△△□○
回避のリズムは○□○□
これを4拍ごとに入力します。
例えば”回避しなきゃ”と思ったならBGMのリズムに合わせて○□○□を押さなければならず一度ミスすると4拍分は空けなければなりません。もちろん敵は待ってくれないです。

リズムを崩さないように的確に指示を出すのが難しくも病みつきになりました。

◆高難易度

パタポンのボス戦

 

今作は意外にも高難易度のゲームとして有名です。
上記した操作が難しいってのもあるんですが、単純に敵の攻撃力が高いってのもあります。

ストーリー攻略までならなんとかクリアできますが、ボス戦をやり込んでいくと一撃で部隊が半壊したりしますし。
パタポンは集団で戦うのが基本なので、数が減るのは死活問題。
即死攻撃をしてくる敵も多く、育てたパタポンがLOSTしてしまったらショックがでかいです。

ですが決して理不尽なまでのものではなく何度もやっているうちにコツが掴めてきます。

◆パタポンたちがかわいい

パタポンの雑魚戦出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

キモかわいいんですよね。

パタポン達は必死なんでしょうけど攻撃のモーションとかすごいかわいいんですよ。
目もキリッとして頑張って高くジャンプして…萌えるってやつですね(?)

それにパタポンたちは”歌う”んですよ。
具体的はプレイヤーの入力したコマンドに応じて。
□□□○→パタパタパタポン♪とか
☓☓☓☓☓→ドン ドドン ドドン♪ みたいな。
太鼓の音とパタポンたちの合唱に癒やされます。

◆シリアスなシナリオ

パタポンの戦闘出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

キャラクターの魅力と独特なアクションに目を引かれる作品ですがシナリオもかなり出来が良いです。

一族の幸せを願い世界の果てを目指すパタポン族。
伝説に倣いパタポンたちを妨害するジゴトン族。

2つの勢力の争いを中心に紡がれるストーリーは童話のような単純なものではなく、身内の裏切りや大切な仲間が失う場面など、残酷であり現実味を帯びています。

コミカルな場面もあり、重いばかりではないですが今作の隠れた魅力です。

◆ミニゲームも面白い

パタポンのミニゲーム出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

パタポンたちの拠点では数種類のミニゲームを楽しむことが出来ます。
どれも音ゲー、ちょっとした息抜きに丁度いい短さでクリアすることで報酬も獲得することができる。

◆ボス戦のやり込み

一度戦ったボスは何度でも再戦することができます。
倒したボスは倒すごとに強くなり、戦略を練り直したり装備を見直さないと勝てなくなってきます。
ずっと同じボスを倒すので多少の飽きが来ますが徐々に強化されるシステムにより作業感はあまり感じませんでした。

不満点

◆リズム感がないときつい

パタポンのミスした時出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

根本的な話なんですが今作はリズム感がないと結構厳しいです。
RPGならレベルを上げて物理で殴れば良いとか言いますし、アクションでも多少ゴリ押せばクリアできる作品も多くあります。

ただ、今作の場合リズムをとることが苦手だとそもそも指示が出せずゲームとして成り立たなくなってしまいます。
ゲームのBGMやパタポンたちの輪唱により拍が取りやすくはなっていますが、苦手な人は厳しいかもしれません

◆ミニゲームのテンポが悪い

ミニゲームはどれも可愛くて息抜きには最高なのですが、ミニゲームの前後に挟まる会話や演出が飛ばせずテンポが悪いです。

素材集め目的でプレイする場合効率の悪さが目に付きます。
まあ、素材はステージのクリア報酬で出ますし、そちらのほうが効率が良いので素材集め目的でやることは少ないんですがね。

まとめ

パタポンのタイトル出典:パタポン|ソフトウェアカタログ

グラフィックもゲーム性も斬新であり新鮮な感覚を味わえる。

キャラクターのイメージの逆を行く、シリアスな展開を繰り広げるシナリオも完成度が高く評価が高かかった。

ただ、不満点とまではいかないが一作目ということもあり多少粗い部分もあったように思う。

ジャンル:コマンド・カーニバル
発売日:2007年12月20日
対象年齢:A(全年齢対象)
発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)
開発元:ピラミッド
価格(当時):4,743円

-その他, アクション, レビュー記事, 音ゲー

© 2021 PSP専門ブログ『ぷすぷす』 Powered by AFFINGER5