ポンチャカ〜♪『パタポン』

出典:PATAPON (パタポン) ポータルサイト

パタポンは2007年12月20日に発売された【コマンドカーニバルゲーム】です。

ジャンル的には【音ゲー】と【アクション】の合いの子のようなイメージですが、唯一無二のゲーム性で、なおかつ感覚的に楽しむゲームなので実際にプレイするか動画などを見たほうがゲームの雰囲気がわかると思います。

絵や音楽も他では見聞きしないもので、PSPのゲームの中でも異色を放つ存在です。

ゲームシステムはとってもシンプルながら、とても洗練されており簡単&奥深なものに仕上がっています。

売上も約15万本を達成しており、PSPの名作としてファンも多い印象です。

今回はそんなパタポンの解説&レビュー記事です。

ストーリー

あなた一冊の本を手に取る、その中にはかつて伝説となったパタポン達の物語があった。

あなたはそこで、パタポン達の神となりパタポンを世界の果へと導く契約をする。

現在。
古の神はどこかへ消え、パタポンたちは世界の隅っこでしょんぼりと暮らしていました。

そして、パタポンに力を与えるという伝説の太鼓を探しに出たパタポンたちも村へ帰る途中力尽きかけています。

どこからともなく聞こえてくる声
「かみさまお願いです。」
「どうかパタポンたちをお救いください。」

あなたは音を奏でる。
PON♪PON♪

音でパタポン達に勇気と希望を与え、世界の果てを目指しましょう!

内容


見ていただければ一発で雰囲気が伝わると思います。ご参考に!

基本の進み方

特定の組み合わせでボタンをリズムよく押すことでパタポン達に指示を出すことが出来ます。

□□□○→4拍開けてまた次の指示という風に交互に進めていきます。
4拍開けている間はパタポンが歌います、つまりプレイヤーとパタポンのセッションでステージを攻略していきます。

指示には色々あります、例えば
□□□○で行進
○○□○で攻撃
など、状況によって奏でるものを変えなければならないです。

ミスすることなくセッションを続けたり、ジャストなタイミングでコマンドの入力をするとフィーバータイムに突入します。
能力が上がったり攻撃の方法が変わったりと、とにかくいい事ずくめなので意識して狙えるようにしましょう。
フィーバータイムはコンボが途切れるまで続きます。

タイミングがずれるとコンボが途切れパタポンたちもずっこけてしまいますので、しっかりと音に乗れるように頑張りましょう。

パタポンとは

めだまに手足を生やしたようなユニークな魅力を持った愛くるしいミステリアスな生き物です。

お肉が好きで狩りもします。

パタポンは生命の樹マテールで素材とチャリン(お金のようなもの、一応生命の源らしい)
を使うことによって呼び覚ますことが出来ます。

素材によっては呼び覚まされるパタポンが変化します、攻撃力が高いパタや防御が高い代わりに火に弱いパタなど様々です。

また、パタポン達には種類があります、盾を持ち前衛で頑張るパタ達や、弓矢で後ろから敵を射つパタまで。

パタポンは種類にもよりますが基本的に3人もしくは6人またはそれ以下の人数で構成した1チームで行動します。

そのチームを3チームまで編成することができます、前衛を盾で守り後ろから槍や弓で攻撃する基本的なチームや攻撃的なチームなどプレイヤーの手に委ねられています。

登場キャラ

はたポン

神の存在を信じ、神が使う太鼓を守っていた勇敢なやつ。
ステージでは部隊の中心でハタを掲げている、はたポンがやられるとGAMEOVER。

メデン

神(プレイヤー)と会話をすることができるパタポンの巫女。

ジゴトン族

パタポンたちを辺境の地に追いやった謎の民族。
本作のメインとなる敵。

ゴーン

ジゴトン族の勇者、大きな鎌を扱う。
竜巻を起こす攻撃をする。

パン・ぱかポン

パタポン族の天才音楽家。
ミニゲームで活躍してます。

まだまだ他にもたくさんの魅力的なキャラが登場します!

ミニゲーム

出典:PATAPON (パタポン) ポータルサイト

リズムゲームのミニゲームがいくつか用意されています。
クリアするとパタポンを呼び覚ますのに使用する素材などを手に入れることができます。

ウッボ・ボンの大木

頭の痒みに悩んでいる木。

パン・ぱかポンのラッパに合わせて踊り、木の中からアイテムを落としてくれます。

ガラゴロ・ヤッホの大山

体が大きくて誰も遊んでくれないガラゴロ・ヤッホとリズムゲームで遊びます。
嬉し涙が鉱石になるので泣くぐらい楽しませましょう。

他にもいくつかミニゲームがあります、どれもシンプルに楽しいものなので狩りや攻略の合間の息抜きとしてプレイしてみてはいかがでしょうか。

キセキ

フィーバータイム中にとあるコマンドを入力をすることでミラクルを起こすことが出来ます。

風向きを変えたり、雨を降らしたりまさに神の御業。

ミラクルを起こす前にはミニゲームのようなリズムアクションが入ります。(儀式のようなイメージ?)

ミラクルによって入力するコマンドが変化し、タイミングがずれたりミスをすると失敗になります。

絵コンテ

このとってもミステリアスな絵を書いているのはフランスの方でRolito(オリート)さんと言う方です。

このゲームの製作者でもある小谷浩之さんがインターリンクプランニングと言うパラッパラッパーなどのグラフィック制作に関わっている会社に立ち寄った際にRolitoさんのホームページを教えてもらい、パタポンの絵を見た瞬間に太鼓の音が聞こえたそうです。
この絵がスタート地点でありこのゲームの大きな魅力ですね。

他にも敵のデザインなどゲームの絵に関してはRolitoさんが担当しており、不思議な世界観でまとまっています。

どれもこれもお祭りを彷彿するような明るくて賑やかなものです、パタポンの歌も相まってわちゃわちゃした感じがとても良いです。

この歌を歌っているのはBLICO君という方です。
BLICO君について調べてみると、このゲームのゲームデザイナーの小谷浩之さんのご子息というものとサウンドデザイナーの足立賢明さんの近所の子供という2つの記載がありました。

どちらが本当かはわからないですが、録音に時間がかかったことと、予算が関係しているのは間違いないようです。
悲しいパタポンや楽しいパタポンなどいろいろなパタポンをイメージして歌ってもらったようです、当たり前のことですが音はゲームの中でも重要なポイントです、そこをやり遂げた一人の子供にbig up!

気になる点

ミスしたときのパタポン

出典:PATAPON (パタポン) ポータルサイト

ミニゲームのテンポが悪い

ミニゲーム自体は短いのですが。ミニゲームを選択しスタートするまでが少し長いです。
会話を飛ばすことが出来ないのが原因で、内容も変化がないので余計にテンポが悪く感じてしまいます。

一応素材に関してはステージの報酬などでも手に入ります、素材目的のためにミニゲームを回す必要がないのでそこまで気にする必要がないかもですね。

感想

ボス戦 パタポン

出典:PATAPON (パタポン) ポータルサイト

異色の存在感を放つゲームですよね。
ジャンル的にもビジュアル的にも他とは違う場所からゲーム屋に乱入してきた感覚です。

シンプルな操作と爽快なバトルが上手く噛み合っていて雰囲気・ゲーム性ともに素晴らしいです。
これに可愛いキャラ+癖になる音楽が合わさりイヤホン必須の何時間でものめり込めるゲームになっています。

のめり込めると言いましたが、ステージ選択型なのでスキマ時間にプレイできるのも魅力。
ミニゲームもあるので寝る前にちょっと癒やされたい方にもおすすめです。

難易度はそこそこ高いかな?って感じました。
まず、パタポンがやられた際にキャップと言うアイテムを残していきます。
キャップを回収すればステージ後にマテールで復活してくれるのですが、一部の敵はキャップごと消滅する攻撃を繰り出してきます。

強いパタポンを呼び覚ますにはレアなアイテムと大量のチャリンが必要で、それが一瞬で失われるので心が折れます。

まあ、そこを許しちゃうと緊張感が失われると思いますので丁度いい調整なのかもしれまんね。

次に、一撃でも倒される調整。

前衛で踏ん張るパタポンは盾でガードしたり、体力が多かったりと打たれ強いですが弓矢や槍のようなパタポンは体力が低いです。
なので一撃で倒されるなんてこともあります、人海戦術的な強みのあるゲームなので数が減るのは死活問題。
後半になってくるにつれ一度のミスも許されなくなっていきます。

ストーリー面に関しては軽快に進んでいくのでわかりやすいです、民族と民族の争い、考えの違いや恨みや忠誠などが落としこまれていて考えさせられる場面もあります。

ストーリーのボリュームはそこまで多くないですがボスバトルのやりこみがそこそこあるのでゲーム全体で見ればそこそこのボリュームなのではないでしょうか。

ゲームの中で流れる音楽はお祭りらしい賑やかなものが多いです、頭に残り、口ずさんでしまうような楽曲です。

ちなみにパタポンの名前はRolitoさんがいくつか送ってくれた案の中から決めたそうです、「子供」「いたずらっ子」のような意味がありカタカナで読み上げても響きの可愛いキャッチーなフレーズですね。

名作というのはいきなり産み落とされるものなんですねぇ…

2017年にはPS4でリマスター版が発売されています。
テレビでやりやすいように少し調整が入っているようです、そして音にこだわったゲームなのでテレビの大きなスピーカーで迫力のプレイをしてみてはいかがでしょうか!

もちろんPSPもおすすめですよ!
サクッと遊べるので、布団でちょこっとやったり電車でプレイしたりいろいろな場所で遊べます。
しかもPSP版なら安いですよ。
いえい!

ジャンル:コマンド・カーニバル
発売日:2007年12月20日
対象年齢:A
発売元:SONY
製造元:ピラミッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする